ベラジョンカジノの入金で失敗しないためのポイント4つ

ベラジョンカジノは10種類以上もの入金方法を用意している利便性の高さが魅力です。
しかし、初めてオンラインカジノを利用する方はどの方法で入金すればいいのか迷います。
これまで使ったことがない決済方法であっても他のものより段違いにお得なら試したいですし、逆に損な入金方法は選びたくありません。

そこで今回はベラジョンカジノの入金で失敗しないためのポイントを紹介します。
このポイントに注意すれば初心者でもスムーズに入金可能です。
自分に最適な入金方法も分かりますから是非、参考にしてください。

普段使っている馴染み深い入金方法を確認する

普段使っている馴染み深い入金方法を確認する

ベラジョンカジノの入金で失敗しないためには、まず最初に利用できる入金方法の確認が重要です。
とくに普段から利用している支払い方法や決済システムのうち利用できるものを把握しておくことは負担軽減につながります。

ベラジョンカジノで利用できる入金方法で日本人によく知られているものは「銀行振り込み」「クレジットカード」です。
それぞれの特徴を見ていきましょう。

銀行振り込みは日本人にもっとも馴染み深い入金方法です。
ベラジョンカジノに対応している銀行口座であれば24時間いつでも入金が可能で、手数料は利用する銀行の振込手数料のみなため大変お得です。
手続き方法も公式サイトの専用フォームで口座情報と入金額を入力するだけとなっています。

10ドル~25,000ドルまで一度に入金でき、使い勝手も良好です。
ただし利用できる銀行は楽天銀行・PayPay銀行・三菱UFJ銀行などのネット口座を提供している大手に限られます。

クレジットカードを使った入金はネット通販をする感覚で簡単にできます。
公式サイトでカード番号などのクレジットカード情報と入金額を入力すれば入金処理が即座に実行されます。

一番人気の入金方法ですが利用できるクレジットカードが少ない点には注意が必要です。
対応していないカードで入金しようとしても決済が正常に終了しません。
また、利用できていたカードがある日突然使えなくなるケースもあるため、注意が必要です。

しかし、入金するために銀行口座を開設する必要が無い点は大きな魅力といえます。
利用できるカードはVISA・マスターカード・JCB・AMEXです。

一般的でない入金方法も検討する

ベラジョンカジノには「仮想通貨」「電子決済」「ポイントカップ」といった、あまり馴染みのない方法で入金することも可能です。
場合によっては、これらの方法を使うことでお得に入金できるため是非、やり方を覚えておきましょう。

仮想通貨を使った入金では既存のブロックチェーンを使った即時決済になります。
クレジットカードと同様に入金してから数分以内に反映されます。

特徴は手数料が無料なところです。
決済処理や記録を全てブロックチェーンが自動的に行ってくれるため入金処理が成立しなかったり、不正な処理に悩まされる心配はありません。
利用できる仮想通貨はビットコイン・リップル・ライトコイン・イーサリアム・ビットキャッシュの5種類に限られます。

電子決済も仮想通過と同様に即時決済と取引の安全性が高い決済方法です。
利用できる電子決済はマッチベター・エコペイズ・ヴィーナスポイントなどです。

利用するには専用の口座が必要になります。
口座開設には本人確認書類と住所確認書類の2つが必要です。
電子決済によっては複数のオンラインカジノで入出金に利用できます。

ポイントカップはコンビニエンスストアで料金を支払う形で行う入金方法です。
料金を支払いWa-Faと呼ばれるポイントをチャージし、そのポイントを使って入金処理をします。
最寄りのコンビニが利用できますが、手続きに手間がかかる難点があります。

最適な入金方法を利用する

最適な入金方法を利用する

ベラジョンカジノで使える入金方法を確認したら、次は最適な入金方法を選べるようになりましょう。
まずは初心者に最適な入金方法を紹介します。
初めてベラジョンカジノを利用する方でも躓くことなく入金できる方法は銀行振り込みです。
対応する銀行口座を持っていれば国内の口座に振り込む感覚で入金できます。
数百円の手数料で済み、処理が反映されるスピードも早く欠点がありません。

クレジットカードを持っているならカードを使った入金が手軽です。
口座開設や振込処理の確認といった面倒な作業が必要ありません。
初心者にとって入金処理はストレスが溜まる作業ですが、クレジットカード入金なら全てネットの手続きで済むため負担も軽いです。
入金手続きに不安を感じているなら試してみることをおすすめします。

入金額が高額の場合は仮想通貨が最適です。
最大入金額が大きく、手数料が安いため気兼ねなく一度に大きな額を入金可能です。
仮想通貨専用の口座を開設する必要がありますが、国内企業が提供している口座であれば簡単に用意できます。

何を重視するかで入金方法をその都度変えるのも良いやり方です。

入金できない場合にどうすべきか知っておく

入金できない場合にどうすべきか知っておく

入金方法によっては入金処理が上手くいかないケースもあります。
上手くいかない理由はその都度変わる可能性があるため、適切な対処ができると入金処理で失敗するケースは大幅に減ります。
よくある入金トラブルを把握すれば問題を未然に防ぐことも可能です。

ベラジョンカジノで入金できない場合によくある原因は間違った情報を入力することです。
クレジットカード番号や銀行口座の番号を入力ミスすることで入金時にエラーが発生します。
エラーを防ぐために入力した内容は必ず確認してください。

入金額を誤るケースも多いです。
各入金方法には入金できる下限額と上限額が設定されています。
その範囲を超えて入金額を設定すると処理が完了しません。
利用する入金方法の限度額は要確認です。
加えて月の入金額上限にも注意が必要です。

ベラジョンカジノで入金時に出るエラーメッセージは「入金エラー」や「入金拒否」などで、なぜ上手くいかなかったのか分からない場合があります。
ここで紹介したエラーケースを参考にしながら冷静に対処することが重要です。

マーチンゲール法と逆マーチンゲール法について詳細解説

オンラインカジノでは様々な戦略がありますが、中でも有名なものが「マーチンゲール法」と「逆マーチンゲール法」です。
この2つの戦略は、ルール自体はシンプルですので、オンラインカジノ初心者の方でも手軽に活用することができます。

本記事ではマーチンゲール法と逆マーチンゲール法について、実際の手順を踏まえながら詳細を解説していきます。

マーチンゲール法と逆マーチンゲール法について詳細解説

マーチンゲール法とは

マーチンゲール法とは、カジノゲームで負けた際にベット金額を倍にして賭けていく戦略です。
連敗を重ねたとしても、1回の勝利で利益を出せる点がマーチンゲール法の特徴になります。
賭け続ける資金さえあれば、確実に勝利できる戦略です。

たとえば、最初のベット金額を$10に設定してマーチンゲール法を実践するとします。
3回負けた後、4回目勝利した場合、下記のような収支になります。

1回目:負け ベット金額:$10 収支:-$10
2回目:負け ベット金額:$20 収支:-$30
3回目:負け ベット金額:$40 収支:-$70
4回目:勝ち ベット金額:$80 収支:+$10

3回負けたとしても、4回目の勝利で収支をプラスにできました。

1回の勝利で得られる金額は「初回ベットの金額」になります。
利益額を増やすには、初回ベットの金額を増やさなければなりません。

初回ベット金額を増やすと、倍額でベットする金額も大きくなるので、自身の保有資金に応じて金額を設定することが肝要になります。

逆マーチンゲール法とは

逆マーチンゲール法とは、カジノゲームで勝利した際にベット金額を倍にしていく戦略です。
別名「パーレー法」とも呼びます。

逆マーチンゲール法はマーチンゲール法とは正反対で、利益額を一気に増やしていく攻めの手法になります。

たとえば、初回ベット金額を$10に設定して、逆マーチンゲール法で3連勝したとします。
すると収支は下記のように推移していきます。

1回目:勝ち ベット金額:$10 収支:+$10
2回目:勝ち ベット金額:$20 収支:+$30
3回目:勝ち ベット金額:$40 収支:+$70

逆マーチンゲール法を利用することで、初回ベット金額の$10を$70まで一気に増やすことできました。
仮に途中で負けたとしても、損失額は初回ベット金額の$10で済みます。
まさにローリスク・ハイリターンの戦略です。

逆マーチンゲール法を利用する際は、「何回目まで勝負を継続するか」を決めておくことが肝要です。
オンラインカジノで連勝を永遠に継続することは、プロでも至難です。

いずれどこかで負けてしまうことを踏まえると、何回連続で勝負するか決めておいた方が逆マーチンゲール法で稼ぎやすいです。

オンラインカジノ初心者の方の場合は、3~4回ほどの勝負で留めておくとよいでしょう。
カジノゲームに慣れてきたら、徐々に勝負回数を増やしてみてください。

2つの戦略を組み合わせる

2つの戦略を組み合わせる

マーチンゲール法は1回の勝利で確実に利益を出す「守りの戦略」、逆マーチンゲール法は連勝で一気に獲得金額を増やす「攻めの戦略」になります。
この2つの戦略を組み合わせることで、攻守を備えた戦略を実践することが可能です。

具体的には、「逆マーチンゲール法で負けた金額分をマーチンゲール法で補っていく」戦略になります。

たとえば、逆マーチンゲール法を実行している際、途中で負けてしまい$100の損失が発生したとします。
この$100の損失を取り戻すために、初回ベットを$100に設定してマーチンゲール法を行っていきます。

マーチンゲール法で勝利して$100を獲得すれば、逆マーチンゲール法の損失を取り戻すことが可能です。
損失を補填したら、再び逆マーチンゲール法で倍ベットを行っていきます。

マーチンゲール法で損失の回収を行いながら逆マーチンゲール法で多額の利益獲得を狙う、まさに「究極の戦略」です。

組み合わせる際の注意点

マーチンゲール法と逆マーチンゲール法を組み合わせて実践する場合は、「マーチンゲール法が成功する」点が前提になる点、注意してください。

マーチンゲール法を成功させることで、逆マーチンゲール法の損失を補填することができます。
逆にいえば、マーチンゲール法が成功しないと損失が拡大してしまうリスクがあるのです。

初回ベット金額をいくらに設定するかで、倍ベットの金額は大きく変わってきます。
10回ほど連敗を重ねても、ベットを継続できるぐらいの資金量があると安心です。

最初は無理に大きい金額を初回ベットせず、資金量に対してゆとりのある初回ベット金額を設定するようにしましょう。

効率よく稼ごう

効率よく稼ごう

マーチンゲール法と逆マーチンゲール法は、オンラインカジノ初心者の方でも無理なく活用できる戦略です。
マーチンゲール法・逆マーチンゲール法を利用することで、感情に左右されずにベットを継続することができます。

マーチンゲール法と逆マーチンゲール法を活用して、オンラインカジノで効率よく稼いでいきましょう。

スロット好きにこそおすすめしたいカジ旅の魅力

オンラインカジノと言えば、様々なカジノゲームを自宅にいながらオンラインで楽しめるものです。
ポーカーやブラックジャックといった、定番のカードゲームはもちろん人気なのですが、難しい知識がなくても気軽に楽しめるスロットの人気もカードゲームに引けを取りません。
そこで今回は、数あるオンラインカジノの中でも、スロット好きから特に人気の高い「カジ旅」について魅力を紹介します。

世界初のRPG型オンラインカジノカジ旅

世界初のRPG型オンラインカジノカジ旅
カジ旅は、2015年に世界初のRPG型オンラインカジノとして開始された、比較的新しい店舗です。
しかし、RPG型オンラインカジノという名目でソシャゲのような体感で楽しめると考えてしまいがちですが、実際にはRPG要素はそれほど高くなく、あくまでスロットなどのゲームを楽しむ上でのおまけ要素となっています。

とはいえ、カジ旅におけるRPG要素は無料でスロットを回すことが出来るフリースピンを獲得できたり、イベントクリア時に入手できるルビーで特典アイテムを入手したりといった現実的なメリットがあるため、おまけではあっても実用性は高い要素です。

また、カジ旅の運営は世界的にも信頼度の高いマルタライセンスを取得しているので安全性も確保されており、加えて気になるサポート面においても日本語完全対応と、プレイヤーにとって安心度の高い運営と言えます。

幅広いスロットラインナップ

世界初のRPG型という雄々しい名目ではありますが、数あるオンラインカジノでカジ旅がスロット派に一押しな理由は何といってもそのオンラインスロットの数で、1500種以上という膨大な機種数から自分に合ったスロットを楽しむ点にあります。

そのラインナップは、利益率が高くなくてものんびりと遊べる初心者向けの機種から、純粋に利益を求めて高配当を狙える機種など様々で、中には日本のアニメのような萌え系のスロットもあるため幅広いユーザーが満足できること請け合いです。

業界初のブリッツモード搭載機で楽しむ

業界初のブリッツモード搭載機で楽しむ

カジ旅が、スロット派におすすめと言える最大の理由は、カジ旅でのみ楽しめるブリッツモード搭載機をプレイできることです。

ブリッツモードとは、NETENT社の機種に搭載されている機能で、スロットの回転速度を通常の6倍にまで加速してプレイできるモードになります。

このブリッツモードこそカジ旅スロット最大の推しでありメリットで、スロットで最も退屈に感じてしまう当たりの無い回転時を6倍速でスキップした上で、当たりの一番面白い部分のみを楽しむというプレイが可能です。

ブリッツモードはスピン回数とベット額を設定する
カジ旅のスロット最大の魅力であるブリッツモードは、別途使用料を支払うなどの特別な処理をする必要もなく、対応機種であればスピン回数とベット額を設定するだけで簡単に利用する事が出来ます。

ブリッツモード発動中はスロットの演出は、全てカットされて、画面中央に表示される専用演出に切り替わり、設定したスピン回数を消化してくれます。

また、ブリッツモードで高速消化中であっても、RPG要素のゲージはしっかりと溜まるため安心です。

全機種にブリッツモードがあるわけではない
時間効率や飽きの来なさ加減からも魅力の高いブリッツモードですが、カジ旅にあるスロット全てに搭載されているわけではないというのは注意が必要です。

前述にもあるように、基本的にブリッツモードはNETENT社の機種に搭載されている機能で、裏を返せばそれ以外のメーカーの機種には対応していません。

とはいえ、ブリッツモード搭載機だけを見ても多彩で、配当7倍~50000倍と初心者から玄人まで十分楽しめます。

ルビーストアのアイテム購入で興奮も倍増

ルビーストアのアイテム購入で興奮も倍増

カジ旅がおすすめのオンラインカジノである理由の一つに、ルビーストアで特典アイテムが購入出来るという点があります。

ルビーストアというのは、カジ旅のRPG要素で得られるルビーを使用して特典を購入できるショップで、ラインナップには各機種に応じたフリースピンなどが挙げられますが、中には「いきなりボーナスステージ」というスロットプレイヤーのためのアイテムも存在します。

もちろん「いきなりボーナスステージ」ように破格の特典が付くアイテムは、購入に必要なルビー数も多くなりますが、その効果は折り紙付きとなっていますので積極的に獲得を目指すのが効果的です。

入金不要ボーナス額は業界トップクラス

カジ旅ならではというわけではありませんが、他のオンラインカジノと比較してもカジ旅はボーナスが多い店舗であることで知られています。

具体的な例だと、特定のキャンペーンサイトから登録する事で配られる入金不要ボーナスで、こちらは40ドルと業界内でもトップクラスの金額です。

また、初めての入金時に得られる100回のフリースピンなどもあり、RPGで得られるボーナスやルビーストアで購入できる特典と合わせてプレイしやすい環境が整っているのも、ユーザー数が多いポイントとなっています。

効率と面白さを兼ね備えたカジ旅スロット

オンラインカジノでは、いつでも気軽にプレイを楽しめるので時間効率というのを忘れてしまいがちになってしまいますが、実際ゲームを長くプレイするにあたって効率というのは欠かせないものと言えます。

その点カジ旅ならば、スロットのブリッツモードが効率と面白さ両方を兼ね備えており、既存のユーザーのみならず、国内スロットユーザーやオンラインカジノ初心者にもおすすめですので、この機会にカジ旅のスロットを試してみてはいかがでしょうか。

クレジット決済の長所や疑問を解説!

オンラインカジノは様々な決済手段が取られています。
今回紹介するクレジットカード決済の他にも電子決済や仮想通貨に対応しているオンラインカジノも登場しました。

しかし、メインの決済は今もクレジットカード(カード決済)であり、それは変わっていません。
そんなオンラインカジノの主流であるカード決済について今回、メリットや注意点、そして疑問などについて紹介し、まとめました。

クレジット決済の長所や疑問を解説!

クレジットカードをオンラインカジノで利用する

オンラインカジノは海外にあります。
そのため日本から利用する場合、常識的に考えると海外送金なども候補です。

しかし、海外送金は時間もかかり、手数料も大きいという弱点があります。
そんな弱点を克服したのがクレジットカードです。
このカード決済を使えば、海外通販のような感覚で、クレジットからオンラインカジノへ入金ができるようになります。

オンラインカジノでカード決済を行うメリット

オンラインカジノでクレジットカードを使うメリットは、迅速な入金が可能なこと、入力が簡単なこと、まとまった金額が入金できることが挙げられます。
迅速な入金は、先ほどもお話しした通り海外の通販サイトで買い物をするような感覚で入金ができることです。

クレジットカードは海外のサービスであっても国内のサービスと同様に迅速なカード決済ができるため、必要な操作を行えばすぐにアカウントにチップとして入金される仕組みになっています。
これによってすぐにゲームを楽しめるのです。

入力も簡単です。
家から出ずに番号やアルファベットの名義人の名前、カードの有効期限などを入力するだけで、簡単に手続きができます。
それにオンラインカジノによっては一度カード決済の情報を登録すれば、あとは気軽に入金できるようになる点もメリットです。

このように簡単な決済手段であるというのは数ある決済方法の中でも最も便利な方法と言えます。
まとまった金額も入金可能です。
一度に数千ドル(数十万円)単位の入金も出来てしまいます。
これが他の決済方法だと上限が設定されているため、一度に大きな金額を入金できません。

電子決済の場合は、上限の範囲内で数日にわたって少しずつ入金していく必要があるため、かなり使い勝手に制限がある一方、クレジットカードの場合は、より自由に入金できるのです。
こういった点でクレジットカードは入金にメリットがあります。

オンラインカジノでカード決済を行うメリット

クレジットカード(カード決済)を行う注意点

オンラインカジノでクレジットカード(カード決済)を行う場合、注意点もあります。
それは、場合によっては入金がブロックされることがあること、一部の国際ブランドのカードが使えないことです。

オンラインカジノの決済はクレジットカード会社から容認されているとは言え、普段利用しないような高額な決済を行うとクレジットカード会社から不正な利用と誤認されてしまい、ブロックされてしまうことがあります。
特にオンラインカジノと言うギャンブル関係の決済に関してはとても目を光らせているため、最初に高額な金額を決済しないように注意しましょう。

一部の国際ブランドが使えない点も注意です。
VISAやMASTERCARDは対応しているクレジットカード会社が多いのですが、JCBは対応していないところも多くあります。
さらにAmericanExpressやダイナースクラブは、基本的に対応しているオンラインカジノがありません。

こういった点にも注意し、自分の持っているカードについても確認しておきましょう。

クレジットカードを利用する際の疑問点

クレジットカードを利用する際の疑問点

オンラインカジノでクレジットカードを利用する際の疑問点もあるのではないでしょうか。
主に疑問となる、出金に関するもの、セキュリティに関するものを中心にお話ししていきます。
まず、出金はどうするのかという疑問です。

これはオンラインカジノによりますが、海外送金によるものや電子決済によるものによって出金ができます。
クレジットカードで決済を行った後、クレジットカード宛に出金をすることはできません。
そのため、これら別の手段で出金されます。

オンラインカジノによってはクレジットカードによる入金は、海外送金のみの対応というところもあり、この場合はオンラインカジノで得た利益が手数料などでかなり引かれてしまいます。
そのため、事前にクレジットカードで入金した場合の出金の手段を確認しておくことも重要です。

次に出金するまでに時間がかかるのかという疑問ですが、これもオンラインカジノによって異なります。
クレジットカード入金後すぐに出金に応じる場合もありますが、多くはクレジットカード会社から支払いがあったのを確認してから行われるというパターンです。
そのため、オンラインカジノによっては出金可能になるまで一か月程度かかってしまうところもあり、その点もチェックしてきましょう。

セキュリティの問題ですが、番号を教えて大丈夫かというものが挙げられます。
基本的に各政府や自治体(マルタ共和国やキュラソー、マン島など)のライセンスを受けていれば、問題にならないことも多いですが、海外なので確実に安全とは言い切れない部分もあります。

ただ、大手のオンラインカジノの場合は、そういったクレジットカードの不正利用などの被害をネット上で受けたという人は、ほぼ聞きませんから、なるべく大手のオンラインカジノで遊ぶようにしてみてはいかがでしょうか。

バカラとはどんなゲーム?

バカラとはどんなゲーム?

オンラインカジノには非常に多くのゲームがあります。
ゲーム数の少ないカジノでも500種類、ゲーム数の多いカジノでは数千種類を超えることも少なくありません。
そんな中定番のゲームと言えるゲームの一つに今回紹介するバカラがあります。
このバカラはどんなゲームなのか、そして儲かりやすいのか、そんな話題を中心にまとめました。
これを読めばきっとオンラインカジノのバカラについて知ることができるのではないでしょうか。

バカラとはどんなゲームなのか?

実際のカジノでも定番ゲームとなっているバカラですが、どんなゲームなのでしょうか。
一言で言えば、バンカー(賭けの胴元)とプレイヤーのどちらが、配られたカードの合計が9に近いかを「予想する」ゲームになります。
ただし、出たカードをそのままカウントするわけではありません。
例えば、絵札がJ、Q、Kの場合は多くのトランプゲームでカウントされる11、12、13とカウントされます。
しかし、バカラはオンラインカジノでも実際のカジノでも「0もしくは10」とカウントするのです。
同様に10も「0もしくは10」するため、これがバカラをよりギャンブル性が高く、エキサイティングなゲームにしています。
ちなみにそれ以外の絵札はAが「1もしくは11」と言うルールになっているのが特徴です。
そういった特徴もあれば「2~9」に関しては、数字通りにカウントするルールになっています。
こういったルールを把握しておけば、とてもシンプルでエキサイティングなゲームです。

バカラの流れとは?

バカラの流れとは?

このバカラはオンラインの場合、24時間いつでもプレイでき、コンピューターによって処理されるので進行がとてもスムーズと言えます。
そんなオンラインカジノのバカラの流れについても紹介していきましょう。
基本的な流れはバンカーが勝つかプレイヤーが勝つかを予想して後は流れを見守り、予想が当たったら配当がもらえるというものです。
最初にどちらが勝つかを予想し、勝つと思った方に賭け金を別途します。
次に進行役のディーラーがバンカーとプレイヤーそれぞれにカードを2枚配る流れです。
基本はこの2枚で9に近い方がどちらかという勝負になります。
しかし、条件によっては3枚目が配られることも少なくありません。
この条件はいくつかあり、代表的なものとしてプレイヤーの数字が5以下というものがあります。
これ以外の条件はバンカー側に配られた最初の2枚の合計が2以下など無数にありますが、2枚で完結することが比較的多い傾向です。
ちなみに4枚目が配られることはありません。
最後に勝負が決まって予想が的中したら配当金がもらえます。

補足としてこの予想のペット方法にも様々なものがあります。
基本的にプレイヤーかバンカーにベットしますが、「引き分け(タイ)」「ペア」「ビッグ」「スモール」という賭け方も可能です。
ペアは、配られたカードの中で同じカードが2枚出た場合ですし、ビックは双方にカードが3枚配られた場合です。
スモールはやや複雑でカードが2枚でゲームが終了した場合になります。
さらにペアに関しては、バンカーに配られたカードが同じ数字のペアになると予想するバンカーペア、同様のプレイヤーペアも用意されているところがほとんどです。

こういったルールを押さえておくと楽しんでオンラインカジノのバカラをプレイできるのではないでしょうか。

覚えておくと便利なバカラの用語

覚えておくと便利なバカラの用語

オンラインカジノのバカラの種類やバカラ用語にも触れていきます。
オンラインカジノのバカラの種類は、一人で集中してバカラをプレイできるビデオバカラが比較的多く、種類も豊富です。
これ以外にはライブバカラという実際のカジノの中継を見ながら予想するもので、こちらは臨場感が売りのゲームと言えます。
好みで選んでプレイするのもおすすめです。

バカラの基本用語も解説しましょう。
基本はコール、レイズ、フォールドがあります。
コールは、直前のプレイヤーと同額を賭けること、レイズは上乗せを行う行為、フォールドは降参です。
これ以外にもカードを引くヒット、カードを引かないステイ、トランプ一組を指すデッキが知られています。
知っておくと便利なのは、バンカーに賭けて勝利した場合の手数料であるハウスエッジ(バンカーの方が若干勝ちやすい傾向のため)を知っておきましょう。
これ以外にもナチュラル(ともに最初の2枚合計が8もしくは9の場合)という言葉もあります。

バカラは儲かるのか?

結論を言えば、他のギャンブルよりも儲けやすいと言えます。
儲かるかどうかは、その時の運なども絡んでくるため断言はできません。
しかし、還元率という賭けたお金が戻ってくる比率で言えばかなり高い水準です。
例えば、宝くじの還元率は50%程度ですが、オンランカジノのバカラは90%程度になっています。
つまり、宝くじの倍近く儲かる可能性を秘めていると言っても過言ではありません。

また、賭け方を工夫することで損失を少なくしたり、逆に資金を増やすことができます。
代表的なものが、より利益を狙いたい人向けのパーレイ法や、連敗したときに一発で損失を取り戻すマーチンゲール法、堅実に攻略する人向けのグリッドマン法があります。
このように賭け方も大切です。
ライブゲームによっては直接参加せずに観戦だけも可能なライブバカラもありますので、そちらで実際にはどのようにやっているか見るのもいいかと思います。

まとめ

オンランカジノは様々なゲームがあります。
どのゲームも魅力的で射幸心をあおるものが多いですが、昔からカジノの定番であるバカラを試してみてはいかがでしょうか。
きっとシンプルなのにエキサイトするカードゲームに魅了され、熱中するはずです。

攻略法を併用することで損失を減らすことを目指す

攻略法を併用することで損失を減らすことを目指す
マーチンゲール法は、負けた場合に単純に掛け金を倍プッシュしていく方法であるため、シンプルでわかりやすい攻略方法となっています。
本記事では、ルーレットを例にマーチンゲール法のメリット及びデメリットを紹介します。
その後、オンラインカジノで勝つためのマーチンゲール法の応用事例を紹介していきます。

ルーレットのマーチンゲール法

ルーレットのマーチンゲール法
ルーレットで、赤と黒のどちらかに賭ける場合、勝率的には約49%ほどで勝利することができます。
そこで世間一般的に利用されるのがマーチンゲール法となっていて、例えばプレイヤーが100ドルを持っている状態で最初に赤に1ドル賭けるとします。

1回目の結果として、赤が出れば、プレイヤーに2ドル戻ってくるため、1ドルの勝ち分を得ることができます。
しかし負けた場合は、1ドルの損失があります。

そこで、負けた場合は、前回の掛け金額の2倍を掛けることで負け分を取り戻し、結果的に勝利することを目指します。

ただ負けが続くと以下のように賭け金額が跳ね上がっていきます。

・ルーレットの「赤」に1ドル を掛けて負けた場合→1ドル負け
・負けたので、ルーレットの「赤」に2ドル を掛けて負けた場合→合計で3ドル負け
・負けたので、ルーレットの「赤」に4ドル を掛けて負けた場合⇒合計で7ドル負け
・負けたので、ルーレットの「赤」に8ドル を掛けて負けた場合⇒合計で15ドル負け

マーチンゲール法のデメリットとして、連続して負ければ掛け金が跳ね上がり破産してしまうことが挙げられます。
上記の例ですと、プレイヤーが100ドル持っており、最初の掛け金が1ドルで8回連続で負けると破産してしまいます。
したがって、プレイする際に損切りラインを予め決めておいてプレイすることが必要です。

また、オンラインカジノには、ベット額の上限が決まっています。
資産があっても上限ベット額以上にベットする必要が出てきた場合、マーチンゲール法のシステムは崩壊してしまいます。
そこで本記事では、オンラインカジノでマーチンゲール法を別の手法と組み合わせて応用したルーレットの事例を紹介していきます。

マーチンゲール法とダブルストリート5ベット法

ダブルストリート5ベット法は、勝率81%と高い確率で勝つことができる攻略法です。
掛け方の例にとして、1~36の数字の割り当てから以下のようにベットします。

条件1:合計掛け金5ドル
7,8,9,10,11,12のブロックに1ドル
12~24のブロックに2ドル
25~36のブロックに2ドル

この条件で7~36のどれかに入った場合、支払金が6ドル戻ってきますので、勝ち分は1ドルとなっています。
勝率80%以上で、勝ちやすく、これにマーチンゲールを組み合わせることで収支を上げることができます。
例えば、上記の条件1の場合に負けてしまった場合、以下のように条件2を設定してマーチンゲール法を取り入れます。

条件2:合計掛け金25ドル
7,8,9,10,11,12のブロックに5ドル
12~24のブロックに10ドル
25~36のブロックに10ドル

条件2で勝つことができれば、条件1に戻り、負け分を取り戻すことができます。
この方法のメリットとして、条件1と条件2を連続して負ける確率がかなり低く、条件2でも負けた場合に損切りラインとして計算すれば、プレイヤーとしても割り切れる金額として処理できます。

ただ、条件1と2を連続して負ける事は、一日中行っていれば何度かありますので、プレイヤー自身の資産を検討しながら、条件を考える必要があります。
おすすめとしては、以下のような条件3を加えて、条件3を超えたら損切りするのが無難だと思います。

条件3:合計掛け金125ドル
7,8,9,10,11,12のブロックに25ドル
12~24のブロックに50ドル
25~36のブロックに50ドル

マーチンゲール法とベアビック法を組み合わせた事例

ベアビック法は、勝利率94%と高い確率で勝つことができる攻略法です。
マーチンゲール法とベアビック法を組み合わせた事例
やり方としては、37個中の35個にベットするシンプルかつ、高い勝率を維持することができる賭け方です。
例えば、1ベットを35個数字にベットして当たった場合、36ドル払い戻しがあるので、1ドル勝つことができます。

これをマーチンゲール法と組み合わせた場合の条件1と条件2を下記に記述します。
条件1から条件2に行くことも少なく、条件2に行った場合でも条件1に戻る確率が高く、ほぼ負けがない方法となっています。
損切りも条件2で割り切ることができます。

しかし、損切りとしては、賭け金額が高いのがデメリットとなっています(ただ、この方法で2連続、負けるのは相当の確率となっていますので、ほとんどないです)。
条件3を考えた場合、破産するので、条件1と2を交互に行うわかりやすい攻略方法となっています。
・条件1:合計掛け金35ドル
・条件2:合計掛け金1225ドル

オンラインカジノが日本から遊べる仕組み

多くの日本人にとって、オンラインカジノのプレイの前に気になる疑問点はいくつかあると思います。
ここではそれらについて、誰もが気になる入出金や優良サイトの見分け方、勝ち分に掛かる税金についてまで詳しく解説していきます。

オンラインカジノの運営とその仕組み

オンラインカジノの運営とその仕組み

オンラインカジノは、その全てが海外のサイトです。
これには理由があり、日本国内では民営のギャンブル行為は法律によって禁止されているからです。

ですが、海外では国や自治体がそれを許可をしている地域が少なくありません。
オンラインカジノの各運営会社はそのような場所にサイトを構え、きちんと営業許可も受けた上で運営しています。
ネットのサイトであれば、原則的に世界のどこからでもアクセスが可能な為、特にどこにそのサイトがあるかを気にする必要はありません。

ネット上とは言え、用意されているゲームは本格的なカジノゲームばかりで、中には動画配信によって、ディーラーとリアルタイムで対決できるゲームもあるほどです。
画面での見た目はゲームのようですが、本格的なカジノのゲームを楽しむことができます。

優良なオンラインカジノの見分け方とは?

優良なオンラインカジノの見分け方とは

オンラインカジノは数多く存在しますが、その中で優良サイトを見付けるには「ペイアウト率」を見るのが一番です。
このペイアウト率とは、賭け金に対し、どれだけ払い戻しを行っているかの実績で、100%だとちょうど賭け金の分を払い出していることになります。

もちろんオンラインカジノも商売として行っているので、100%を超えることはありえませんが、トータルで97%や98%というサイトや、ゲーム単体であれば99%という数字も珍しくありません。

このペイアウト率は、オンラインカジノ自身で発表している場合があり、この数字の公開があるサイトが優良サイトだと考えていいでしょう。
きちんと許可を受けて営業している以上、嘘を書く訳にはいかないので、サイト自身で発表されている数字は全て本当だと考えて構いません。
逆に、一切これを載せていないサイトは、その数字が低い為に載せられないのだと解釈できます。

尚、日本の競馬ではペイアウト率は大体75%となっており、宝くじに至っては約45%という数字です。
これらと比較すると、オンラインカジノはどれだけ勝ちやすいギャンブルなのかが分かるというものです。

オンラインカジノの入出金方法

オンラインカジノで遊ぶには、まず賭け金になる分を自分のアカウントに入金しないといけません。
負ければそこから減っていき、勝てば加算されていきます。
賭けることができる金額も、当然その範囲内になります。

この入金には大きく分けて2つの方法があり、1つはクレジットカードを利用する方法です。
後述するネットの決済サービスを使うより素早い入金が可能なので、すぐにゲームを始めたい人にはこちらがおすすめです。
そして、決済サービスを利用する方法ですが、オンラインカジノによって対応しているサービスが違うので、遊びたいサイトで使えるものに口座を作って入金し、そこから更にオンラインカジノの自分のアカウントに振り込むという形になります。

入金は先のようにクレジットカードでも行えますが、出金にはこの決済サービスが欠かせません。
何故なら、オンラインカジノから直接日本の銀行の口座へは振り込んでもらえない為、一度決済サービスを経由する必要があるからです。
決済サービスの口座に出金されれば、そこから日本の自分の銀行口座まで振り込みが行えます。

オンラインカジノでよく使われている決済サービスには、ネッテラーやエコペイズがあります。
共に日本語にも対応しているので、口座の開設、及びそこからの入出金はとても簡単です。

オンラインカジノで勝った分には税金が掛かる?

オンラインカジノで勝った分には税金が掛かる

オンラインカジノで勝った分は、日本では「一時所得」という扱いになります。
よって、金額によっては所得税の課税対象になります。

具体的には、勝った金額のみを1年間(1月1日~12月31日)で計算し、50万円を超えていた場合に課税対象になります。
詳しく書くと、50万円までは特別控除が適用されるからです。
その50万円を引いた金額の1/2を給料などによる通常の所得と合算し、確定申告を行ってください。

具体的な例を挙げると、オンラインカジノで1年間で70万円の勝ち分あったとすると、その為につかった金額がいくらだったかに関わらず(70万円以上つかっていた場合でも)、そこから50万円を引いた20万円の1/2に当たる10万円を通常の所得と合算することになります。

つまり、差し引きで負けていた場合でも、勝ち分だけで50万円を超えると課税されてしまうことになります。
この差し引きは、一度のログイン毎に計算してください。
1ヶ月に3回ログインして遊んだとして(1回のログイン中に色々とプラスやマイナスがあって当たり前です)、その3回がそれぞれ+2万円、-3万円、+5万円だった場合、マイナスは考慮せず、7万円が勝ち金という扱いです。

勝ち分だけでなく、実際にはマイナス収支であっても課税対象になってしまうことがある為、注意が必要です。
負けているから課税されないだろうと考えてしまってはいけません。

まとめ

オンラインカジノは、きちん許可を受けたカジノ会社が運営を行っている為、安心して遊ぶことができます。
公式に発表されているペイアウト率は信用に値する数字なので、これが高いサイトやゲームで遊ぶのが勝つ為のコツだと言えるでしょう。
また、入出金や税金についても是非覚えておいてください。

安定通貨であっても利用できないこともある

オンラインカジノは通貨が異なる

オンラインカジノは通貨が異なる

日本で提供されているギャンブルでは、当然ですが日本円を使ってギャンブルに参加します。
日本円を持っていない場合は参加できないようになっているため、海外の人は両替などによって日本円を準備しなければなりません。

一方でオンラインカジノというのは、ドルやユーロといった通貨が設定されており、日本円はほとんどのオンラインカジノでは使えなくなっています。
最近は日本円に対応したオンラインカジノも登場していますが、基本的には日本円で遊ぶのは不可能と考えてください。

オンラインカジノは日本円を使えないギャンブル

オンラインカジノは日本円を使えないギャンブル

国内で提供されているギャンブルの多くが日本円でサービスを提供しているため、日本人は現金を持っていけば簡単にギャンブルで遊べます。
日本で遊べるギャンブルが、日本の通貨である日本円が利用されるのは当然のことです。
そして、日本円によってギャンブルを楽しんだ後は、日本円で払い戻しを受けます。
結果的に稼げていれば、その時点で多くの日本円が還元されて、一気にお金持ちになれるのです。

一方でオンラインカジノの場合は日本円を採用しておらず、ベースとしている通貨はアメリカドルを採用しています。
ドルは多くの国で利用されていますが、アメリカ以外で提供されているドルは基本的に採用していません。
ドルによって世界中どこにいてもある程度の損得がわかるように設定しているほか、ドルを使っている国から客を呼び込みたいという思惑もあります。
その為、オンラインカジノではドルをベースとした取引が多くなっているのです。

最近ではユーロの取入れも始まりましたが、ユーロは色々な問題が指摘されており、今後ユーロが使い続けられるかは微妙といえます。
特にライセンスを発行しているイギリスがユーロ圏からの離脱を検討しているため、場合によってはオンラインカジノで使える通貨がポンドに切り替えられる可能性もあります。
今後はどのような通貨が利用できるのかしっかりと把握しながら、できる限り使いやすい通貨を考えるように心がけましょう。

日本円が使えるオンラインカジノはほとんどない

日本円が使えるオンラインカジノはほとんどない

日本円は世界でも安定した通貨として、投機目的では利用されるケースが多くなっていますが、基本的にオンラインカジノでは採用されていません。
オンラインカジノで採用していない理由としては、経済情勢によっては大きな変動を起こす可能性があること、そして日本がオンラインカジノに関しての経営を認めていないという理由があります。
その結果、オンラインカジノ側では日本円を採用するリスクがそれなりに高いと判断しており、日本円は導入されていません。

ここ最近になり、ようやく一部のオンラインカジノが日本円の導入を開始し始めています。
日本円を利用できるようになってから、日本人はオンラインカジノで遊びやすい環境にななってきましたが、全てのオンラインカジノで実装されているわけではありません。
有名どころのベラジョンカジノやジパングカジノでは、ドルやユーロが採用されているため日本円は利用できません。
日本円を利用したいと考えているなら、知名度の高くないオンラインカジノでプレイしなければならないのです。

ほとんどのオンラインカジノが日本円を採用しているわけではないので、どうしてもオンラインカジノで遊びたいならドルやユーロを入金しなければなりません。
ドルやユーロを持っていない場合は、基本的にクレジットカードで入金するしかないのです。
従って日本円が使えないという点は、銀行振込による入金をほとんど実現できない問題に繋がっており、簡単に入金できない問題があります。

過去には日本円で入金できたこともある

過去にはオンラインカジノへの日本円での入金方法を模索したカジノもあります。
通貨を自動的に変更させ、簡単に入金できるように設定したサイトがあったのです。
このカジノのおかげで、オンラインカジノへ事実上日本円で入金できた環境も構築されましたが、日本のユーザーがサービスを提供していたことが発覚し、警察に気づかれて逮捕されてしまいました。
現在は摘発されたサイトは消滅しており、オンラインカジノへ日本円で入金できる方法はなくなりました。

オンラインカジノとしては、日本円を自動的にドルに切り替えるサービスを用意できていないため、日本人は入金しづらいという問題を抱えたままオンラインカジノで遊ばなければなりません。
最近ではジパングカジノがペイトラと呼ばれる入金方法により、自動的に日本円をドルに切り替える方針を取りましたが、まだペイトラが広まっているわけではありません。
多くのユーザーに利用されなければ、自動的に通貨を切り替える方法は広まらないままとなるでしょう。

オンラインカジノでは日本円が使えないというデメリットをしっかりと把握しなければなりません。
そしてオンラインカジノへ入金するドルなどがなければ、基本的にクレジットカードを使って入金するように心がけてください。

ギャンブルで負けない為の初歩的な攻略法

オンラインカジノで攻略法を用いる必要性

オンラインカジノで攻略法を用いる必要性

オンラインカジノでギャンブルを楽しんでいるプレイヤーの多くはその時その時の運に頼りプレイしています。
日本のギャンブルでもっとも身近なパチンコの場合にしても、大当たり回数、回転数を確認した上で台選びをする方がほとんどの中、オンラインカジノのプレイに限って運で勝負する方が多いのは、オンラインカジノが公開している高すぎるペイアウト率によるものでしょう。

オンラインカジノでは1つ1つのゲームにつき、どのくらいのペイアウト率で提供しているかを公表しています。
もちろんゲームによりペイアウト率に差はあるのですが、その平均値は97%というギャンブルとしては驚異的な割合となっています。

ペイアウト率が高くなればなるほど胴元側の儲けは減っていきます。
それなのにどうしてオンラインカジノはこれほどまで高いペイアウト率でゲームを提供できているのか?
それはオンライン上にカジノを開設しているため、実際にお店を構えるカジノ店と比べて高額な家賃や人件費、光熱費等の経費を抑えることができているからです。
オンラインカジノはそうして浮いた経費の分をペイアウト率に還元しているのです。

パチンコであってもペイアウト率は80%ですから、97%ものペイアウト率ならば特にゲームに勝つための対策は必要ないだろうと考え、多くの人は運頼みの一攫千金狙いでプレイしています。
ですが、ペイアウト率がどれだけ高くても100%に届かなければ、いつかは必ずマイナス収支となります。
しかもそれはきれいにゆっくりとマイナスへ向かっていくわけではありません。
場合によっては大きなでこぼこの利益、損失を繰り返すこともあります。

大きな資金を用意でき、小さなベットでプレイするのならばマイナスに対してそれほど不安を感じることはありませんが、少ない資金で大きな利益を求めプレイするのであれば、たとえペイアウト率がどれだけ高くても1度の負けで資金の大半を失ってしまう可能性もあります。
そのためオンラインカジノで利益獲得を求めに行くのならば、負けないためのなんらかの対策が必要となります。

その対策としてオンラインカジノのベテランプレイヤーたちが多く用いているのが攻略法です。
オンラインカジノのゲームは実際のカジノ店のゲームと共通しています。カジノゲームは昔からギャンブラーたちにより攻略法が開発されてきました。
現在に至るまで残り続けている攻略法はそれだけ信頼性があり、利益獲得の可能性を非常に高めてくれるものです。
オンラインカジノで利益獲得を目的とするならば、こうした攻略法を用いるのが必須とも言えるでしょう。

攻略法の中でもメジャーなマーチンゲール法

攻略法の中でもメジャーなマーチンゲール法

カジノゲームの攻略法はいくつも存在しますが、その中でももっともメジャーな存在となっているのがマーチンゲール法です。
マーチンゲール法は勝率1/2のゲームに使用できる攻略法で、ルーレット、バカラ、ブラックジャックで大活躍します。

攻略法は必ず決められた手順に沿って使用しなければならないので、中には複雑な計算を用いることから紙とペンが必須の攻略法もあります。
しかしマーチンゲール法は、攻略法の中でもその使用方法はとてもシンプルなので1つ前のゲームで賭けたベット額さえ覚えていれば特にメモなどする必要はありません。
負けたら前回のゲームのベット額の倍を賭ける。
マーチンゲール法のルールはただこれだけです。

このルールに従いプレイすれば、損失がマイナスとなることはありません。
損失がマイナスにならないということは、それはすなわち負けないということですので、オンラインカジノでの利益獲得の大きな手助けとなります。

具体的なマーチンゲール法の使い方

具体的なマーチンゲール法の使い方

マーチンゲール法の具体的なベット方法についてご説明します。
マーチンゲール法を用いるにあたり、まず最初のベット額を決めるのですが、この最初のベット額はできるかぎり最小ベット額で始めるのがおすすめです。
ここではわかりやすく最初のベット額を1ドルとします。

初回ゲームで1ドルを賭け負けるとトータル収支は-1ドルとなります。
負けたら次回のゲームではベット額を前回のゲームの倍にするので、2回目のゲームでは初回ゲーム1ドルの倍の2ドルを賭けます。

2回目のゲームでも負けるとトータル収支は-3ドルになります。
3回目のゲームでは2回目のゲームに賭けたベット額の倍を賭けることになるので4ドルを賭けます。
3回目のゲームでも負けるとトータル収支は-7ドルになります。
4回目のゲームは3回目の倍の8ドルを賭けます。
ここでも負けてしまい4連敗となるとトータル収支は-15ドルになります。

続く5回目のゲームでは3回目の8ドルの倍となる16ドルを賭け、さらに負け5連敗するとトータル収支は-31ドルになります。
6回目のゲームでは32ドルを賭けることになり、また負けてしまうとトータル収支は-63ドルになります。
7回目のゲームでは64ドルを賭けるのですが、ここでついに勝ちを得ると賭けた64ドルと同額を得ることができるので、トータル収支は-63ドルから一気に+1ドルに回復します。

マーチンゲール法はどこで勝利しても同じですが、1回ゲームに勝つだけでトータル収支をプラスにすることができます。
勝率1/2のゲームで6連敗、7連敗もする可能性はかなり低いので、利益をコツコツと積み上げていき、結果多くの利益獲得が可能となります。

このようにマーチゲール法を使用すれば負ける可能性が非常に低くなりますので、オンラインカジノで利益獲得を目指すのであればマーチゲール法で攻略するのがもっとも簡単であり、無難な方法と言えるでしょう。

多くのプレイヤーが経験した決済手段の世代交代

オンラインカジノは「今では楽しめない」と誤解している人も多いようです。
その理由として、送金サービスであるネッテラーが日本市場から撤退してしまった点にあります。

多くのプレイヤーが経験した決済手段の世代交代

それまでオンラインカジノを楽しむためには、オンラインカジノのアカウントからネッテラーを介して自分の口座に送金してもらうことで利益を手にすることができました。
入金そのものはクレジットカードで気軽に行えるものの、出金は送金サービスを活用することしかできませんでした。
そして、ネッテラーこそオンラインカジノに対応した送金サービスでした。

だからこそ、ネッテラーの撤退で「オンラインカジノはもう楽しめなくなった」と思っている人が多いのも分からなくはないのですが、実際のところ、オンラインカジノは楽しめるのでしょうか?

問題なく楽しめています

結論から言うと、ネッテラーの撤退後もオンラインカジノは問題なく楽しめています。
なぜなら、ネッテラーに変わるサービスが登場しているからです。

エコペイズやアイウォレットといったネッテラーと同じような送金サービスが登場し、オンラインカジノで獲得した利益はエコペイズやアイウォレットを活用することで、ネッテラーと同じように問題なく自分の口座に振り込むことが可能です。
また、ネッテラー同様ATMで出金が可能なカードを発行してくれますので、口座への送金だけではなくATMからの出金も可能です。

これらの特徴からも分かるように、ネッテラーが撤退したからといって、オンラインカジノはネッテラーが健在だった頃と同じように遊ぶことが可能となっています。

そもそもなぜネッテラーが撤退したのか

そもそもなぜネッテラーが撤退したのか

ネッテラーの撤退は正式な見解が発表されていません。
ユーザーの元に「今後はサービスを提供できない」とメールがきたのみとなっていますので想像の範囲を出ませんが、根強く言われているのはネッテラーが「撤退」を決めた2016年の8月頃は、国内でオンラインカジノへの逆風が吹いていた時期でした。

オンラインカジノの利用者が逮捕されたのもこの時期でした。
しかし、逮捕されたものの起訴にまでは至らなかったことで、警察の思いとは裏腹にオンラインカジノは健全だと証明する形となりました。

それまでオンラインカジノに関しては法解釈で様々な議論が繰り返されており、逮捕者が出た際「やっぱり黒だ」との声も出ましたが、結局起訴はされませんでした。
つまり、「黒にはできない」という答えを皮肉にも警察が出してしまったことになります。

結果、エコペイズやアイウォレットが登場することとなり、ネッテラーが去った影響を微塵も感じさせなくなっています。
むしろ、ネッテラーが撤退した後からオンラインカジノを始めたという人もいるのではないでしょうか。

エコペイズやアイウォレット以外の送金サービス

近年オンラインカジノを楽しんでいる人の多くは、基本的にエコペイズやアイウォレットを使用していることでしょう。
それほどエコペイズやアイウォレットの利便性が高いことを意味しているのですが、一方で送金サービスはエコペイズやアイウォレットだけではありません。

例えばビーナスポイントもその一つです。
ビーナスポイントの場合、ネッテラーをはじめエコペイズやアイウォレットにある「独自カードの発行」がありませんので、出金の際には基本的に口座に送金してもらう形になるのですが、ビーナスポイントは独自のポイント制度があります。
入出金の際にお金を利用することで、利用したお金分のポイントを得ることができます。
得たポイントはオンラインカジノに回すこともできますので、オンラインカジノをガンガン楽しみたい人は、まさに「塵も積もれば山となる」という言葉のように、ポイントもそれなりに蓄積され、オンラインカジノを楽しめるくらいには貯まるかもしれません。

ビットコインも?

ビットコインも?

ネッテラー撤退時にはない手法として、ビットコインも挙げられます。
仮想通貨として世界的に話題を集めたビットコインですが、ビットコインを使用できるオンラインカジノも登場していますので、ビットコインをお持ちの方はエコペイズやアイウォレットといった送金サービスを介すことなくオンラインカジノを楽しめます。

但し、ビットコインはご存知のように相場が変動するものになりますので、相場次第では勝利でもそこまでの利益にならないケースもあれば、敗北したものの、急騰によって利益になるといったケースも考えられます。

まとめ

このように、ネッテラーが撤退した後もオンラインカジノは問題なく楽しめています。
むしろオンラインカジノの法律面での「答え」が出たことによって利用者としても安心して楽しめるようになったのではないでしょうか。
このような側面があるからこそ、近年オンラインカジノの利用者は増加中とも言われています。
これを機にアイウォレット、エコペイズを登録してオンラインカジノを楽しんでみてはいかがでしょう?