攻略法を併用することで損失を減らすことを目指す

攻略法を併用することで損失を減らすことを目指す
マーチンゲール法は、負けた場合に単純に掛け金を倍プッシュしていく方法であるため、シンプルでわかりやすい攻略方法となっています。
本記事では、ルーレットを例にマーチンゲール法のメリット及びデメリットを紹介します。その後、オンラインカジノで勝つためのマーチンゲール法の応用事例を紹介していきます。

ルーレットのマーチンゲール法

ルーレットのマーチンゲール法
ルーレットで、赤と黒のどちらかに賭ける場合、勝率的には約49%ほどで勝利することができます。
そこで世間一般的に利用されるのがマーチンゲール法となっていて、例えばプレイヤーが100ドルを持っている状態で最初に赤に1ドル賭けるとします。
1回目の結果として、赤が出れば、プレイヤーに2ドル戻ってくるため、1ドルの勝ち分を得ることができます。
しかし負けた場合は、1ドルの損失があります。そこで、負けた場合は、前回の掛け金額の2倍を掛けることで負け分を取り戻し、結果的に勝利することを目指します。
ただ負けが続くと以下のように賭け金額が跳ね上がっていきます。
・ルーレットの「赤」に1ドル を掛けて負けた場合→1ドル負け
・負けたので、ルーレットの「赤」に2ドル を掛けて負けた場合→合計で3ドル負け
・負けたので、ルーレットの「赤」に4ドル を掛けて負けた場合⇒合計で7ドル負け
・負けたので、ルーレットの「赤」に8ドル を掛けて負けた場合⇒合計で15ドル負け

マーチンゲール法のデメリットとして、連続して負ければ掛け金が跳ね上がり破産してしまうことが挙げられます。
上記の例ですと、プレイヤーが100ドル持っており、最初の掛け金が1ドルで8回連続で負けると破産してしまいます。
したがって、プレイする際に損切りラインを予め決めておいてプレイすることが必要です。

また、オンラインカジノには、ベット額の上限が決まっています。
資産があっても上限ベット額以上にベットする必要が出てきた場合、マーチンゲール法のシステムは崩壊してしまいます。
そこで本記事では、オンラインカジノでマーチンゲール法を別の手法と組み合わせて応用したルーレットの事例を紹介していきます。

マーチンゲール法とダブルストリート5ベット法を組み合わせた事例

ダブルストリート5ベット法は、勝率81%と高い確率で勝つことができる攻略法です。掛け方の例にとして、1~36の数字の割り当てから以下のようにベットします。

条件1:合計掛け金5ドル
7,8,9,10,11,12のブロックに1ドル
12~24のブロックに2ドル
25~36のブロックに2ドル

この条件で7~36のどれかに入った場合、支払金が6ドル戻ってきますので、勝ち分は1ドルとなっています。
勝率80%以上で、勝ちやすく、これにマーチンゲールを組み合わせることで収支を上げることができます。
例えば、上記の条件1の場合に負けてしまった場合、以下のように条件2を設定してマーチンゲール法を取り入れます。

条件2:合計掛け金25ドル
7,8,9,10,11,12のブロックに5ドル
12~24のブロックに10ドル
25~36のブロックに10ドル

条件2で勝つことができれば、条件1に戻り、負け分を取り戻すことができます。
この方法のメリットとして、条件1と条件2を連続して負ける確率がかなり低く、条件2でも負けた場合に損切りラインとして計算すれば、プレイヤーとしても割り切れる金額として処理できます。
ただ、条件1と2を連続して負ける事は、一日中行っていれば何度かありますので、プレイヤー自身の資産を検討しながら、条件を考える必要があります。
おすすめとしては、以下のような条件3を加えて、条件3を超えたら損切りするのが無難だと思います。

条件3:合計掛け金125ドル
7,8,9,10,11,12のブロックに25ドル
12~24のブロックに50ドル
25~36のブロックに50ドル

マーチンゲール法とベアビック法を組み合わせた事例

ベアビック法は、勝利率94%と高い確率で勝つことができる攻略法です。
マーチンゲール法とベアビック法を組み合わせた事例
やり方としては、37個中の35個にベットするシンプルかつ、高い勝率を維持することができる賭け方です。
例えば、1ベットを35個数字にベットして当たった場合、36ドル払い戻しがあるので、1ドル勝つことができます。
これをマーチンゲール法と組み合わせた場合の条件1と条件2を下記に記述します。
条件1から条件2に行くことも少なく、条件2に行った場合でも条件1に戻る確率が高く、ほぼ負けがない方法となっています。
損切りも条件2で割り切ることができます。

しかし、損切りとしては、賭け金額が高いのがデメリットとなっています(ただ、この方法で2連続、負けるのは相当の確率となっていますので、ほとんどないです)。
条件3を考えた場合、破産するので、条件1と2を交互に行うわかりやすい攻略方法となっています。
・条件1:合計掛け金35ドル
・条件2:合計掛け金1225ドル

オンラインカジノが日本から遊べる仕組み

多くの日本人にとって、オンラインカジノのプレイの前に気になる疑問点はいくつかあると思います。
ここではそれらについて、誰もが気になる入出金や優良サイトの見分け方、勝ち分に掛かる税金についてまで詳しく解説していきます。

オンラインカジノの運営とその仕組み

オンラインカジノの運営とその仕組み

オンラインカジノは、その全てが海外のサイトです。
これには理由があり、日本国内では民営のギャンブル行為は法律によって禁止されているからです。

ですが、海外では国や自治体がそれを許可をしている地域が少なくありません。
オンラインカジノの各運営会社はそのような場所にサイトを構え、きちんと営業許可も受けた上で運営しています。
ネットのサイトであれば、原則的に世界のどこからでもアクセスが可能な為、特にどこにそのサイトがあるかを気にする必要はありません。

ネット上とは言え、用意されているゲームは本格的なカジノゲームばかりで、中には動画配信によって、ディーラーとリアルタイムで対決できるゲームもあるほどです。
画面での見た目はゲームのようですが、本格的なカジノのゲームを楽しむことができます。

優良なオンラインカジノの見分け方とは?

優良なオンラインカジノの見分け方とは

オンラインカジノは数多く存在しますが、その中で優良サイトを見付けるには「ペイアウト率」を見るのが一番です。
このペイアウト率とは、賭け金に対し、どれだけ払い戻しを行っているかの実績で、100%だとちょうど賭け金の分を払い出していることになります。

もちろんオンラインカジノも商売として行っているので、100%を超えることはありえませんが、トータルで97%や98%というサイトや、ゲーム単体であれば99%という数字も珍しくありません。

このペイアウト率は、オンラインカジノ自身で発表している場合があり、この数字の公開があるサイトが優良サイトだと考えていいでしょう。
きちんと許可を受けて営業している以上、嘘を書く訳にはいかないので、サイト自身で発表されている数字は全て本当だと考えて構いません。
逆に、一切これを載せていないサイトは、その数字が低い為に載せられないのだと解釈できます。

尚、日本の競馬ではペイアウト率は大体75%となっており、宝くじに至っては約45%という数字です。
これらと比較すると、オンラインカジノはどれだけ勝ちやすいギャンブルなのかが分かるというものです。

オンラインカジノの入出金方法

オンラインカジノで遊ぶには、まず賭け金になる分を自分のアカウントに入金しないといけません。
負ければそこから減っていき、勝てば加算されていきます。
賭けることができる金額も、当然その範囲内になります。

この入金には大きく分けて2つの方法があり、1つはクレジットカードを利用する方法です。
後述するネットの決済サービスを使うより素早い入金が可能なので、すぐにゲームを始めたい人にはこちらがおすすめです。
そして、決済サービスを利用する方法ですが、オンラインカジノによって対応しているサービスが違うので、遊びたいサイトで使えるものに口座を作って入金し、そこから更にオンラインカジノの自分のアカウントに振り込むという形になります。

入金は先のようにクレジットカードでも行えますが、出金にはこの決済サービスが欠かせません。
何故なら、オンラインカジノから直接日本の銀行の口座へは振り込んでもらえない為、一度決済サービスを経由する必要があるからです。
決済サービスの口座に出金されれば、そこから日本の自分の銀行口座まで振り込みが行えます。

オンラインカジノでよく使われている決済サービスには、ネッテラーやエコペイズがあります。
共に日本語にも対応しているので、口座の開設、及びそこからの入出金はとても簡単です。

オンラインカジノで勝った分には税金が掛かる?

オンラインカジノで勝った分には税金が掛かる

オンラインカジノで勝った分は、日本では「一時所得」という扱いになります。
よって、金額によっては所得税の課税対象になります。

具体的には、勝った金額のみを1年間(1月1日~12月31日)で計算し、50万円を超えていた場合に課税対象になります。
詳しく書くと、50万円までは特別控除が適用されるからです。
その50万円を引いた金額の1/2を給料などによる通常の所得と合算し、確定申告を行ってください。

具体的な例を挙げると、オンラインカジノで1年間で70万円の勝ち分あったとすると、その為につかった金額がいくらだったかに関わらず(70万円以上つかっていた場合でも)、そこから50万円を引いた20万円の1/2に当たる10万円を通常の所得と合算することになります。

つまり、差し引きで負けていた場合でも、勝ち分だけで50万円を超えると課税されてしまうことになります。
この差し引きは、一度のログイン毎に計算してください。
1ヶ月に3回ログインして遊んだとして(1回のログイン中に色々とプラスやマイナスがあって当たり前です)、その3回がそれぞれ+2万円、-3万円、+5万円だった場合、マイナスは考慮せず、7万円が勝ち金という扱いです。

勝ち分だけでなく、実際にはマイナス収支であっても課税対象になってしまうことがある為、注意が必要です。
負けているから課税されないだろうと考えてしまってはいけません。

まとめ

オンラインカジノは、きちん許可を受けたカジノ会社が運営を行っている為、安心して遊ぶことができます。
公式に発表されているペイアウト率は信用に値する数字なので、これが高いサイトやゲームで遊ぶのが勝つ為のコツだと言えるでしょう。
また、入出金や税金についても是非覚えておいてください。

安定通貨であっても利用できないこともある

オンラインカジノは通貨が異なる

オンラインカジノは通貨が異なる

日本で提供されているギャンブルでは、当然ですが日本円を使ってギャンブルに参加します。
日本円を持っていない場合は参加できないようになっているため、海外の人は両替などによって日本円を準備しなければなりません。

一方でオンラインカジノというのは、ドルやユーロといった通貨が設定されており、日本円はほとんどのオンラインカジノでは使えなくなっています。
最近は日本円に対応したオンラインカジノも登場していますが、基本的には日本円で遊ぶのは不可能と考えてください。

オンラインカジノは日本円を使えないギャンブル

オンラインカジノは日本円を使えないギャンブル

国内で提供されているギャンブルの多くが日本円でサービスを提供しているため、日本人は現金を持っていけば簡単にギャンブルで遊べます。
日本で遊べるギャンブルが、日本の通貨である日本円が利用されるのは当然のことです。
そして、日本円によってギャンブルを楽しんだ後は、日本円で払い戻しを受けます。
結果的に稼げていれば、その時点で多くの日本円が還元されて、一気にお金持ちになれるのです。

一方でオンラインカジノの場合は日本円を採用しておらず、ベースとしている通貨はアメリカドルを採用しています。
ドルは多くの国で利用されていますが、アメリカ以外で提供されているドルは基本的に採用していません。
ドルによって世界中どこにいてもある程度の損得がわかるように設定しているほか、ドルを使っている国から客を呼び込みたいという思惑もあります。
その為、オンラインカジノではドルをベースとした取引が多くなっているのです。

最近ではユーロの取入れも始まりましたが、ユーロは色々な問題が指摘されており、今後ユーロが使い続けられるかは微妙といえます。
特にライセンスを発行しているイギリスがユーロ圏からの離脱を検討しているため、場合によってはオンラインカジノで使える通貨がポンドに切り替えられる可能性もあります。
今後はどのような通貨が利用できるのかしっかりと把握しながら、できる限り使いやすい通貨を考えるように心がけましょう。

日本円が使えるオンラインカジノはほとんどない

日本円が使えるオンラインカジノはほとんどない

日本円は世界でも安定した通貨として、投機目的では利用されるケースが多くなっていますが、基本的にオンラインカジノでは採用されていません。
オンラインカジノで採用していない理由としては、経済情勢によっては大きな変動を起こす可能性があること、そして日本がオンラインカジノに関しての経営を認めていないという理由があります。
その結果、オンラインカジノ側では日本円を採用するリスクがそれなりに高いと判断しており、日本円は導入されていません。

ここ最近になり、ようやく一部のオンラインカジノが日本円の導入を開始し始めています。
日本円を利用できるようになってから、日本人はオンラインカジノで遊びやすい環境にななってきましたが、全てのオンラインカジノで実装されているわけではありません。
有名どころのベラジョンカジノやジパングカジノでは、ドルやユーロが採用されているため日本円は利用できません。
日本円を利用したいと考えているなら、知名度の高くないオンラインカジノでプレイしなければならないのです。

ほとんどのオンラインカジノが日本円を採用しているわけではないので、どうしてもオンラインカジノで遊びたいならドルやユーロを入金しなければなりません。
ドルやユーロを持っていない場合は、基本的にクレジットカードで入金するしかないのです。
従って日本円が使えないという点は、銀行振込による入金をほとんど実現できない問題に繋がっており、簡単に入金できない問題があります。

過去には日本円で入金できたこともある

過去にはオンラインカジノへの日本円での入金方法を模索したカジノもあります。
通貨を自動的に変更させ、簡単に入金できるように設定したサイトがあったのです。
このカジノのおかげで、オンラインカジノへ事実上日本円で入金できた環境も構築されましたが、日本のユーザーがサービスを提供していたことが発覚し、警察に気づかれて逮捕されてしまいました。
現在は摘発されたサイトは消滅しており、オンラインカジノへ日本円で入金できる方法はなくなりました。

オンラインカジノとしては、日本円を自動的にドルに切り替えるサービスを用意できていないため、日本人は入金しづらいという問題を抱えたままオンラインカジノで遊ばなければなりません。
最近ではジパングカジノがペイトラと呼ばれる入金方法により、自動的に日本円をドルに切り替える方針を取りましたが、まだペイトラが広まっているわけではありません。
多くのユーザーに利用されなければ、自動的に通貨を切り替える方法は広まらないままとなるでしょう。

オンラインカジノでは日本円が使えないというデメリットをしっかりと把握しなければなりません。
そしてオンラインカジノへ入金するドルなどがなければ、基本的にクレジットカードを使って入金するように心がけてください。

ギャンブルで負けない為の初歩的な攻略法

オンラインカジノで攻略法を用いる必要性

オンラインカジノで攻略法を用いる必要性

オンラインカジノでギャンブルを楽しんでいるプレイヤーの多くはその時その時の運に頼りプレイしています。
日本のギャンブルでもっとも身近なパチンコの場合にしても、大当たり回数、回転数を確認した上で台選びをする方がほとんどの中、オンラインカジノのプレイに限って運で勝負する方が多いのは、オンラインカジノが公開している高すぎるペイアウト率によるものでしょう。

オンラインカジノでは1つ1つのゲームにつき、どのくらいのペイアウト率で提供しているかを公表しています。
もちろんゲームによりペイアウト率に差はあるのですが、その平均値は97%というギャンブルとしては驚異的な割合となっています。

ペイアウト率が高くなればなるほど胴元側の儲けは減っていきます。
それなのにどうしてオンラインカジノはこれほどまで高いペイアウト率でゲームを提供できているのか?
それはオンライン上にカジノを開設しているため、実際にお店を構えるカジノ店と比べて高額な家賃や人件費、光熱費等の経費を抑えることができているからです。
オンラインカジノはそうして浮いた経費の分をペイアウト率に還元しているのです。

パチンコであってもペイアウト率は80%ですから、97%ものペイアウト率ならば特にゲームに勝つための対策は必要ないだろうと考え、多くの人は運頼みの一攫千金狙いでプレイしています。
ですが、ペイアウト率がどれだけ高くても100%に届かなければ、いつかは必ずマイナス収支となります。
しかもそれはきれいにゆっくりとマイナスへ向かっていくわけではありません。
場合によっては大きなでこぼこの利益、損失を繰り返すこともあります。

大きな資金を用意でき、小さなベットでプレイするのならばマイナスに対してそれほど不安を感じることはありませんが、少ない資金で大きな利益を求めプレイするのであれば、たとえペイアウト率がどれだけ高くても1度の負けで資金の大半を失ってしまう可能性もあります。
そのためオンラインカジノで利益獲得を求めに行くのならば、負けないためのなんらかの対策が必要となります。

その対策としてオンラインカジノのベテランプレイヤーたちが多く用いているのが攻略法です。
オンラインカジノのゲームは実際のカジノ店のゲームと共通しています。カジノゲームは昔からギャンブラーたちにより攻略法が開発されてきました。
現在に至るまで残り続けている攻略法はそれだけ信頼性があり、利益獲得の可能性を非常に高めてくれるものです。
オンラインカジノで利益獲得を目的とするならば、こうした攻略法を用いるのが必須とも言えるでしょう。

攻略法の中でもメジャーなマーチンゲール法

攻略法の中でもメジャーなマーチンゲール法

カジノゲームの攻略法はいくつも存在しますが、その中でももっともメジャーな存在となっているのがマーチンゲール法です。
マーチンゲール法は勝率1/2のゲームに使用できる攻略法で、ルーレット、バカラ、ブラックジャックで大活躍します。

攻略法は必ず決められた手順に沿って使用しなければならないので、中には複雑な計算を用いることから紙とペンが必須の攻略法もあります。
しかしマーチンゲール法は、攻略法の中でもその使用方法はとてもシンプルなので1つ前のゲームで賭けたベット額さえ覚えていれば特にメモなどする必要はありません。
負けたら前回のゲームのベット額の倍を賭ける。
マーチンゲール法のルールはただこれだけです。

このルールに従いプレイすれば、損失がマイナスとなることはありません。
損失がマイナスにならないということは、それはすなわち負けないということですので、オンラインカジノでの利益獲得の大きな手助けとなります。

具体的なマーチゲンール法の使い方

具体的なマーチゲンール法の使い方

マーチンゲール法の具体的なベット方法についてご説明します。
マーチンゲール法を用いるにあたり、まず最初のベット額を決めるのですが、この最初のベット額はできるかぎり最小ベット額で始めるのがおすすめです。
ここではわかりやすく最初のベット額を1ドルとします。

初回ゲームで1ドルを賭け負けるとトータル収支は-1ドルとなります。
負けたら次回のゲームではベット額を前回のゲームの倍にするので、2回目のゲームでは初回ゲーム1ドルの倍の2ドルを賭けます。

2回目のゲームでも負けるとトータル収支は-3ドルになります。
3回目のゲームでは2回目のゲームに賭けたベット額の倍を賭けることになるので4ドルを賭けます。
3回目のゲームでも負けるとトータル収支は-7ドルになります。
4回目のゲームは3回目の倍の8ドルを賭けます。
ここでも負けてしまい4連敗となるとトータル収支は-15ドルになります。

続く5回目のゲームでは3回目の8ドルの倍となる16ドルを賭け、さらに負け5連敗するとトータル収支は-31ドルになります。
6回目のゲームでは32ドルを賭けることになり、また負けてしまうとトータル収支は-63ドルになります。
7回目のゲームでは64ドルを賭けるのですが、ここでついに勝ちを得ると賭けた64ドルと同額を得ることができるので、トータル収支は-63ドルから一気に+1ドルに回復します。

マーチンゲール法はどこで勝利しても同じですが、1回ゲームに勝つだけでトータル収支をプラスにすることができます。
勝率1/2のゲームで6連敗、7連敗もする可能性はかなり低いので、利益をコツコツと積み上げていき、結果多くの利益獲得が可能となります。

このようにマーチゲール法を使用すれば負ける可能性が非常に低くなりますので、オンラインカジノで利益獲得を目指すのであればマーチゲール法で攻略するのがもっとも簡単であり、無難な方法と言えるでしょう。

多くのプレイヤーが経験した決済手段の世代交代

オンラインカジノは「今では楽しめない」と誤解している人も多いようです。
その理由として、送金サービスであるネッテラーが日本市場から撤退してしまった点にあります。

多くのプレイヤーが経験した決済手段の世代交代

それまでオンラインカジノを楽しむためには、オンラインカジノのアカウントからネッテラーを介して自分の口座に送金してもらうことで利益を手にすることができました。
入金そのものはクレジットカードで気軽に行えるものの、出金は送金サービスを活用することしかできませんでした。
そして、ネッテラーこそオンラインカジノに対応した送金サービスでした。

だからこそ、ネッテラーの撤退で「オンラインカジノはもう楽しめなくなった」と思っている人が多いのも分からなくはないのですが、実際のところ、オンラインカジノは楽しめるのでしょうか?

問題なく楽しめています

結論から言うと、ネッテラーの撤退後もオンラインカジノは問題なく楽しめています。
なぜなら、ネッテラーに変わるサービスが登場しているからです。

エコペイズやアイウォレットといったネッテラーと同じような送金サービスが登場し、オンラインカジノで獲得した利益はエコペイズやアイウォレットを活用することで、ネッテラーと同じように問題なく自分の口座に振り込むことが可能です。
また、ネッテラー同様ATMで出金が可能なカードを発行してくれますので、口座への送金だけではなくATMからの出金も可能です。

これらの特徴からも分かるように、ネッテラーが撤退したからといって、オンラインカジノはネッテラーが健在だった頃と同じように遊ぶことが可能となっています。

そもそもなぜネッテラーが撤退したのか

そもそもなぜネッテラーが撤退したのか

ネッテラーの撤退は正式な見解が発表されていません。
ユーザーの元に「今後はサービスを提供できない」とメールがきたのみとなっていますので想像の範囲を出ませんが、根強く言われているのはネッテラーが「撤退」を決めた2016年の8月頃は、国内でオンラインカジノへの逆風が吹いていた時期でした。

オンラインカジノの利用者が逮捕されたのもこの時期でした。
しかし、逮捕されたものの起訴にまでは至らなかったことで、警察の思いとは裏腹にオンラインカジノは健全だと証明する形となりました。

それまでオンラインカジノに関しては法解釈で様々な議論が繰り返されており、逮捕者が出た際「やっぱり黒だ」との声も出ましたが、結局起訴はされませんでした。
つまり、「黒にはできない」という答えを皮肉にも警察が出してしまったことになります。

結果、エコペイズやアイウォレットが登場することとなり、ネッテラーが去った影響を微塵も感じさせなくなっています。
むしろ、ネッテラーが撤退した後からオンラインカジノを始めたという人もいるのではないでしょうか。

エコペイズやアイウォレット以外の送金サービス

近年オンラインカジノを楽しんでいる人の多くは、基本的にエコペイズやアイウォレットを使用していることでしょう。
それほどエコペイズやアイウォレットの利便性が高いことを意味しているのですが、一方で送金サービスはエコペイズやアイウォレットだけではありません。

例えばビーナスポイントもその一つです。
ビーナスポイントの場合、ネッテラーをはじめエコペイズやアイウォレットにある「独自カードの発行」がありませんので、出金の際には基本的に口座に送金してもらう形になるのですが、ビーナスポイントは独自のポイント制度があります。
入出金の際にお金を利用することで、利用したお金分のポイントを得ることができます。
得たポイントはオンラインカジノに回すこともできますので、オンラインカジノをガンガン楽しみたい人は、まさに「塵も積もれば山となる」という言葉のように、ポイントもそれなりに蓄積され、オンラインカジノを楽しめるくらいには貯まるかもしれません。

ビットコインも?

ビットコインも?

ネッテラー撤退時にはない手法として、ビットコインも挙げられます。
仮想通貨として世界的に話題を集めたビットコインですが、ビットコインを使用できるオンラインカジノも登場していますので、ビットコインをお持ちの方はエコペイズやアイウォレットといった送金サービスを介すことなくオンラインカジノを楽しめます。

但し、ビットコインはご存知のように相場が変動するものになりますので、相場次第では勝利でもそこまでの利益にならないケースもあれば、敗北したものの、急騰によって利益になるといったケースも考えられます。

まとめ

このように、ネッテラーが撤退した後もオンラインカジノは問題なく楽しめています。
むしろオンラインカジノの法律面での「答え」が出たことによって利用者としても安心して楽しめるようになったのではないでしょうか。
このような側面があるからこそ、近年オンラインカジノの利用者は増加中とも言われていますので、これを機にエコペイズやアイウォレットを活用してオンラインカジノを楽しんでみてはいかがでしょう?

損失が大きく見えてしまう攻略法

パーレイ法は精神的に失敗が響きやすい問題がある

パーレイ法は精神的に失敗が響きやすい問題がある

パーレイ法は精神的に失敗がとても響きやすく、本来であれば気にしなくてもいい失敗がとても厳しいように感じられてしまいます。
その理由として、パーレイ法は一気にお金を失う可能性を持っており、本来であれば失う必要のない利益も一緒に失ってしまうからです。

パーレイ法で失敗すると、大きな損失を感じているわけではないものの、精神的にはとても大きなお金を失ってしまうような状況に陥ってしまい、今後のオンラインカジノで影響が及びやすくなるのです。

パーレイ法は一気にお金を失う可能性がある

パーレイ法は利益として得られたものをすべてつぎ込んでいく方法でさらに多くのお金を確保する方法です。
パーレイ法によって多くの利益を得られるのはいいことですが、失敗するとこれまで多くの利益と一緒にお金を失ってしまいます。
従って多くの利益を急激に失う形になり、精神的にはとても嫌なイメージが残りやすいのです。
しかもパーレイ法によって、100ドル以上を失ってしまえば、出金できるはずだった金額も含めて失ってしまい、儲けが一転して全て損失に変わってしまいます。

パーレイ法の弱点として、大量に得られているお金を使うという問題があります。
オンラインカジノから受け取っている金額を使っているだけなので、厳密に言えば損失は数ドル程度です。
しかし本来であれば自分のアカウントに残されているはずのお金を含めて失っている状況ですので、かなり精神的には厳しいと感じてしまいます。
しかもパーレイ法で失ったお金を回収しようと思っても、回収するまでに多くの時間がかかってしまうのです。
そう簡単にお金を得られるわけでもないので、とても苦労するのは間違いないでしょう。

本来であればゲットできていたはずの利益はオンラインカジノでさらに多くの収入を得るために使ったり、オンラインカジノから出して自分のものにするなど、大きな利益が出た時点である程度今後について考えるのです。
しかしオンラインカジノでもパーレイ法を使っていた場合は違います。
パーレイ法は自分のタイミングで止めたほうがいいと思ったところで終了しなければならず、場合によっては100ドルを超えたとしてもパーレイ法を続けて失敗するケースがあるのです。
失敗してしまえばこれまでの利益はすべてなくなり、精神的に落ち込みが激しくなります。

パーレイ法で失敗してプレイを止める人も

パーレイ法で失敗してプレイを止める人も

オンラインカジノは成功体験が多ければ多いほど続けやすくなり、逆に成功体験が全く得られない場合は止めてしまう場合もあります。
成功体験が多く得られていれば、オンラインカジノに対していいイメージを持っているので、基本的にはゲームを続けたいと考えるケースが多いでしょう。
しかしパーレイ法のように1回で多くのお金を失ってしまうと、これ以上続けるメリットは少ないと判断してオンラインカジノを二度と遊ばないと考える人も出てしまうのです。

パーレイ法の失敗は非常に大きなものであり、本来得られていた大金と一緒に精神的にはとても厳しい状況に追い込まれてしまいます。
この精神的な落ち込みがオンラインカジノにトラウマを持たせてしまい、またパーレイ法の失敗を繰り返して大金を失うのではないかと考えてしまうのです。
こうしたパーレイ法の失敗を続けていた場合、オンラインカジノを遊びたいと考えなくなってしまい、オンラインカジノから撤退するユーザーも出てしまいます。

本当に多くの収入を得るためには、スロットマシンで大きな配当を得られるようにする、もしくはパーレイ法を使って多くの稼ぎを得る方法があります。
しかしパーレイ法は厳しい方法でもありますし、場合によっては全く機能しないまま終わる場合もあります。
さらに多くの配当を1回で失うリスクも持っており、最悪の場合はオンラインカジノの今後に影響します。
大金を得られたタイミングで、次の勝負に行くのかしっかり考えたほうがいいでしょう。

パーレイ法を続ける前にリスクの計算をしておこう

パーレイ法を続ける前にリスクの計算をしておこう

パーレイ法で連勝を続けられる確率はどんどん下がっていきます。
10連勝の確率は0.1%程度と非常に低くなっています。
かなり低確率でパーレイ法の連勝が発生すると考えておかないと、止める瞬間を考えにくくなります。

リスクの計算をしっかりと検討すること、そして配当を失ってしまうような状況を作らないようにするため、パーレイ法で失敗しそうになったらゲームを止め、利益を確定させるなどの方法を使ってください。

失敗する人は行き過ぎた賭け方を行っているケースが多く、最終的に大きな損失を出してしまいます。
大金を失ってしまうと精神的にも厳しくなり、また同じような連勝が起こらないと感じてしまうのです。

連勝を続けないと勝てないのがオンラインカジノです。
パーレイ法も連勝をさせなければいい思いはできませんが、どこかで連勝しないだろうと考えることも大事です。
失敗する前にリスクを計算して利益確定も重要なのです。

手軽さも緻密さもある攻略法

必勝法であるマーチンゲール法

必勝法であるマーチンゲール法

オンラインカジノで遊ぶ場合、攻略法を駆使して遊ぶと手堅く勝つことができるといわれています。
その攻略法にはいくつかの種類がありますが中でも世界的に有名なのが「マーチンゲール法」です。

マーチンゲール法はオンラインカジノだけではなく、さまざまなギャンブルのゲームや、投資にまで使われている攻略法です。
シンプルでとても簡単ですし、プレイヤーが意識せずとも使えるので、その点で面倒なことがない攻略法です。

ただ2倍賭けをしていくだけなのですが、非常にスリリングですので、ギャンブラーの方はぜひ知っておきたいものです。

マーチンゲール法の使い方とは?

マーチンゲール法の使い方は極めてシンプルで分かりやすいです。
その方法といえば、負ければ勝つまで2倍賭けをするだけというものです。

勝てば最初の投資額に戻します。負ければ、2倍、4倍、8倍、16倍…と進めていきますので、無事に勝ったときに損失を取り戻すことができるという方法です。

こちらは、勝率50パーセントで計算されていますので、オンラインカジノのゲームの中でも、50パーセントの勝率のゲームを選ぶ必要があります。
たとえば、テーブルゲームのバカラや、ブラックジャック、ルーレットなどです。
スロットや、他のゲームには向いていません。

マーチンゲール法は、連敗する確率が非常に低いことを利用した攻略法の一つで、テーブルゲームで有効になるので一度試してみましょう。

マーチンゲール法のメリットとデメリットを知ろう

マーチンゲール法のメリットとデメリットですが、まずメリットとしては、とても簡単で誰にでもできて、初心者が行いやすい方法というメリットがあります。
その反面デメリットは、50パーセントの勝率のゲームでしか有効にならず、それ以外のゲームだとそもそも勝率が低いので、かなり厳しいゲームになってしまうという点が挙げられます。

マーチンゲール法のメリットとデメリットを知ろう

また、マーチンゲール法は、潤沢な資金がなければ成立しないのがデメリットです。
連敗しても止められないので、余裕の資金がなければ、そもそも途中でできなくなってしまうことになります。
また、仮に連敗をしてしまえば、損失が非常に大きくなってしまうのもデメリットです。

無料プレイで試してみよう

マーチンゲール法を使ってみるには、まずはオンラインカジノの無料プレイでプレイをしてみましょう。
色んなゲームがそろっていますので、試しに遊んでみて攻略法を使ってみることができます。

オンラインカジノのモンテカルロ法とは?どんな攻略法?

オンラインカジノには攻略法がいくつか存在していますが、中でも有名で、古くから伝わるのがモンテカルロ法です。

モンテカルロ法は、その昔モナコ公国にあるモンテカルロのカジノで、この攻略法を使ってカジノを潰したという伝説からこの名前が付けられたといわれています。
これは噂なのですが、実際にネットカジノの世界では、この噂のモンテカルロ法を使ってプレイをしてみることが可能となっています。
必勝法ともいわれている攻略法で、多くの投資の世界でも使われているため、気になる方は実践で一度使ってみましょう。

モンテカルロ法はどんなやり方?

モンテカルロ法は少々複雑なやり方となっています。
まずは紙とペンを用意し、紙に「123」と書き、両端の1と3を足した4を賭けます。

そして、仮に負けてしまえば、先ほど賭けた4という数字を付け足して「1234」と書きます。
そして、両端の1と4を足して、5を賭けます。
再度負けてしまえば、同じようにして賭けます。

もしも途中で勝つことができた場合には、3倍のゲームの場合、両端から数字を二つ消します。
2個ずつ消すので、数字がこの時点でなくなってしまえば、モンテカルロ法は終了で、成功したことになります。
数字が残っていれば、そのまままだ続けていき、同じように前回賭けた数字を端に足して、両端を足した数を賭けます。

複雑になっていますが、これを表にしたシミュレーション表もありますので、そういった表を参考にしてみましょう。

モンテカルロ法のメリットとは?

モンテカルロ法のメリットはいくつかあります。
まずはマーチンゲール法と異なり、モンテカルロ法の場合、賭け金の増え方が少ないので、安心してゲームを進められるというメリットもあります。
損失が穏やかであり、使用心地は良いといえるでしょう。

モンテカルロ法のメリットとは?

また、オンラインカジノの場合パソコンを使うので、自宅で紙とペンを使ってゲームができますので、モンテカルロ法を実践しやすいというメリットもあります。

モンテカルロ法のデメリット

オンラインカジノのモンテカルロ法のデメリットは、少々複雑で紙とペンが必須になるという点です。
初心者の方は取り入れることが難しい場合もあり、混乱してしまうこともあります。

また、モンテカルロ法は、3倍のゲームでしか有効にならず、2倍のゲームの場合、終了しても残高が増えているとは限らないのもデメリットです。

カジノで使える電子決済の二大巨頭

オンラインカジノで採用されているアイウォレット

オンラインカジノで遊ぶ時に気になるのが入出金方法ですが、多くのカジノで導入されているのが、アイウォレットという電子決済サービスです。

電子決済サービスは、オンライン上に口座を作成しそちらで資金を管理するという方法です。
様々な通貨を口座一つで管理できますし、入出金のどちらもを行えます。

オンラインカジノで採用されているアイウォレット

オンラインカジノ側から出金申請をすればこちらを通して銀行へ送金することができますし、日本円からドルへの換金も自動的に行われます。
さらに、アイウォレットの特徴として、世界の主要通貨の6つに対応をしているということもあり、オンラインカジノでも問題なく使用できます。

アイウォレットでの入出金のメリット

アイウォレットでの入出金のメリットですが、アイウォレットを使うことで、資金の管理が容易になります。
また、日本語対応も万全で、口座の開設からそのサポートまでが日本語なので、安心して使えます。
アイウォレットは、送金手数料が一定の条件で無料になりますし、スピーディーに世界中へ送金をすることができます。

オンラインカジノへの入金手段としてクレジットカードやプリペイドカード、デビットカードなどがありますが、このどれもが入金のみとなります。
しかし、アイウォレットなら、入出金のどちらもを行うことができます。
出金手段を探しているのであれば、便利なアイウォレットがおすすめです。

口座開設が簡単でスムーズ

オンラインカジノのアイウォレットは口座開設が大変スムーズです。

口座開設が簡単でスムーズ

口座開設についてですが、アイウォレットの場合メールアドレスだけで登録をすることができます。
口座開設を公式サイトから行いますが、メールアドレスを登録し必要事項を入力するだけで、口座開設が完了します。
この場合の口座レベルはスタンダード会員となりますので、利用額に上限がありますが、エグゼクティブ会員になれば限度額がフリーになります。

会員レベルを上げる際には本人確認書類が必要になりますので、その際には用意をしておくようにしましょう。

入金と出金はどうすればいい?

アイウォレットの入金と出金についてですが、アイウォレットはクレジットカードから入金をすることができるのが最大の特徴です。
出金については、以前はアイウォレットカードでATMから出金ができましたが、現在ではこちらが出来なくなっているものの、銀行送金という形で指定の銀行へと振り込むことができます。

オンラインカジノのエコペイズとは?

オンラインカジノを行う上で知っておきたいのが、入出金手段についてです。

過去にもオンラインカジノの入出金手段にはいくつかの方法が存在し、特に多くのカジノで以前まで使われていたネッテラーについては、ギャンブルにおいて利用をすることができなくなってしまいました。
そしてその代わりにスタンダードな入出金方法として採用されているのが「エコペイズ」です。

エコペイズは、多くのオンラインカジノで、使えるオンライン決済システムです。
オンライン上に口座を作ることができて、そして一括で入出金を管理することができます。
オンラインカジノで使えるのはもちろんですが、その他のショッピングでも利用できます。

使えるカジノがどんどん拡大しているエコペイズ

エコペイズという入出金方法ですが、利用できるオンラインカジノがどんどん拡大しているのが特徴です。
大手のカジノはもちろんですが、主流の入出金システムとして知られているので、口座を一つ作成しておけば、あとは一括で管理ができます。
さらに、日本円からドルに、そしてドルから日本円への換金もスムーズにできて、自動的に換金ができます。

為替手数料は必要になるのですが、自分自身で両替をする必要がなく自動的に換金されますので、その点でとても便利です。

エコペイズの運営企業について

エコペイズの運営企業について

気になるエコペイズの運営企業については、「PSI-Pay Ltd.」というイギリスに本拠を置く企業になります。
FCA(英国金融行為規制機構)の電子マネー部門の認可を受けて運営をしているということで、高い安全性があると認定されている安心できる企業です。

これは、日本でいう金融庁であり、政府の統制下にある機関ですので、その安全性や公平性はお墨付きです。

入金と出金について

エコペイズへの入金についてですが、以前まではクレジットカードを利用して入金をすることが可能だったのですが、今は銀行振り込みにおいて入金をすることができます。
こちらの場合、アカウントにログインをして、手動でインターネットにログインをして送金します。

出金の方法についても、以前はエコカードというカードを使いコンビニやゆうちょのATMから引き出すことが可能でしたが、今後はこちらが停止されるということで、銀行への出金をする必要があります。
その場合、エコアカウントから、銀行口座へと出金することができます。
エコカードが使えないので急ぎの場合には不便ですが、今後また代わりのデビットカードが登場する可能性がありますので、これを待ちましょう。

手軽で簡単に入金する方法

オンラインカジノの入金はクレジットカードが使いやすい

入金はクレジットカードが使いやすい

色々な入金方法を持っているオンラインカジノですが、最近ではクレジットカードを利用している人が多くなりました。
クレジットカードを利用する背景には、オンラインカジノへすぐに入金できること、そして直接入金ができる点が大きなポイントです。
徐々にですが、クレジットカードで直接オンラインカジノへ入金するユーザーが増えています。
入出金サービスの変化もありますが、オンラインカジノへより早くお金を入れたい方も多くなっているのです。

入出金サービスよりもクレジットカードの方が早く入金される

クレジットカードを利用している場合は、入手金サービスよりも早く入金されるので、オンラインカジノを始めるまでにあまり長い時間がかかりません。
短時間でオンラインカジノを始めたいと思っている方には、入出金サービスよりもクレジットカードを使ったほうがいいでしょう。
さらに、クレジットカードを利用する場合は、入金額が小さくてもオンラインカジノへお金を入れられるメリットもあります。

入金額が小さすぎる場合、入出金サービスのエコペイズやアイウォレットでは認められないケースもあります。
これは最低入金額が定められているためで、最低入金額に満たないような状態であれば入金ができないのです。
一方でクレジットカードの場合は、かなり小さい金額でもオンラインカジノへ入金が可能です。
できる限り小さい金がk杖スタートさせたいと思っているのであれば、クレジットカードでの入金がおすすめです。

クレジットカードの入金は手続きも簡単

クレジットカードの入金は手続きも簡単

クレジットカードを使った入金の方法はとても簡単です。
番号を入力してセキュリティコードを間違えなければ、簡単に入金作業が終わります。
エコペイズやアイウォレットのように、他のサイトを経由している場合は面倒な手続きも加わりますが、クレジットカードの場合は手続きがより簡単で短時間での完了が期待できます。

簡単に手続きが完了するメリットはとても大きなもので、どんどんクレジットカードでオンラインカジノへの入金が行えます
ゲームを遊んでいる時にはお金が足りなくなってしまう場合など、すぐにお金を入れたいと思っている時に対応できる点がいいところです。

クレジットカードによる入金は、これからどんどん増えていくでしょう。
短時間で入金が行えるサービスであることに加えて、面倒な手続きがそんなに多くないので、初心者でもオンラインカジノへ入金できるサービスです。

クレジットカード入金では認証サービスにつながる場合も

一部のオンラインカジノは、認証サービスとの契約を行っています。
これは、認証を行うことで、問題なく入金の作業が行えるようにするためです。
特に不正利用などの問題を考える場合、不正に利用されることを認証サービスで防げれば、他人のクレジットカードでの入金は行われないのです。
他のユーザーが保有しているクレジットカードを利用して入金させられないよう、しっかりとオンラインカジノも対応を行っています。

オンラインカジノは不正利用に厳しい

不正利用に厳しい

クレジットカードは、不正利用の可能性があります。
もちろんすべてのクレジットカードがそうした問題に陥るわけではありません。
クレジットカードのフォーム上の問題で、簡単にクレジットカードでの入金や手続きが行える場合は、他人のクレジットカードでも作業が行えるのです。

オンラインカジノで利用しているフォームは、誰でも入力しやすいタイプを採用しています。
入力すべき内容はクレジットカードの番号、クレジットカードの利用期限、そしてセキュリティコードです。
この3つのコードは、クレジットカードに記載されていますので、カードを保有しているだけで誰でも把握できるのです。
しかし、不正利用の問題がありますので、オンラインカジノによっては認証サービスと契約を行っています。

この認証サービスと契約を行うと、不正利用をしているユーザーは入金作業が行えません。
必要なIDとパスワードを入れなければ入金ができないので、入金作業ができない状態を作れるのです。

オンラインカジノは自分のカードを使おう

自分のカードでオンラインカジノへ入金しなければ、結果的にオンラインカジノへ残高が反映されません。
認証サービスでは、自分のメールアドレスとパスワードが必要です。
パスワード等は事前に入力しているものが採用され、登録時に利用した情報がそのまま認証サービスに使われています。
他人のクレジットカードでは、認証サービスで入力できる情報がありませんから、認証サービスのところでエラーが発生したり、何度も間違っている情報を入力します。
間違えた情報を入力し続けると、今度はクレジットカードでの入金ができないのです。

自分のカードを利用してオンラインカジノへ入金を行わないと、とても大変な問題が起きてしまいます。
オンラインカジノは厳しい対応を取っているだけでなく、何度も間違えるとクレジットカードでの入金ができない点にも気を付けて対応しましょう。

初心者向けブラックジャック解説

初心者向けブラックジャック解説

ブラックジャックでプレイヤーがとれる行動

ブラックジャックでは、プレイヤーに色々な項目で操作するように設定されていません。オンラインカジノの場合も、単純な操作で楽しめるので、多くのユーザーに人気があります。プレイヤーの中には、非常に難しい攻略法を採用して、大きな利益を得ている場合もあります。
実際にオンラインカジノのブラックジャックを遊んでいるときに、プレイヤーが操作する項目について説明します。

1.ヒットによってカードを引く
ブラックジャックのルールでは、ヒットという方法でカードを引きます。カードを1枚引いて勝負するという方法になりますが、これは定番とされている行為です。数字が11以下であれば、間違いなくヒットを行ったほうがいいでしょう。
ヒットをしないことになれば、数字が非常に高いことを意味していますので、次の操作を行います。

2.スタンドをして勝負をする
2枚のカードの数字が17以上であれば、これ以上カードを引くのはバーストの危険性が高く、オーバーして負ける可能性も高まります。スタンドをして勝負を行う方法を採用してください。
スタンドを選択すると、これ以上のカードは引かず、ディーラー側がスタンドする、もしくはバーストした段階で勝負を行います。

3.ダブルダウン
賭け金を倍にしてヒットする方法です。相当自信がある場合に利用するもので、自信がないときにダブルダウンを行うのはやめてください。負けてしまえばお金を2倍分失っていくことになります。
ダブルダウンを行うのは、Aを持っている時が望ましいです。数字を変えることができて、21に近づけるチャンスが大きくなるためです。

4.スプリット
こちらも賭け金を倍にする方法ですが、手を半分にする際に利用します。つまり2つの手を作成して勝負する形になります。当然ですが、カードを引く枚数が多くないと勝負ができませんので、ある程度のカードを引かないといけません。
あまり多く利用される方法ではないので、ユーザーによっては使わないでしょう。

5.サレンダー
諦めることを意味する用語です。これは勝てないと思った段階で終了を宣告し、賭け金の半分を返してもらって負けを認めます。一部のブラックジャックには、サレンダーが付けられていないので、場合によってはプレイできないのです。
サレンダーを利用する方法は、あまりいいとは言えないのですが、相手が21だと思っている場合には、諦めて賭け金を返してもらったほうが安心できるでしょう。

初心者はブラックジャックで敗北しやすい

オンラインカジノでも遊びやすいゲームに該当するブラックジャックですが、初心者の方は簡単に負けてしまいます。最大の理由は、ブラックジャックが初心者には向いていないゲームだからです。簡単に見えて、実は多くの難しさを提供しているのがブラックジャックであり、適当に遊んでいるだけでは多くの利益を出してくれません。

ブラックジャックにありがちな初心者のミス

ブラックジャックにありがちな初心者のミス

最初に、ブラックジャックで初心者が起こしやすいミスについて説明します。もし同じようなミスをしている人がいれば、すぐに対策を考えましょう。

1.適当にカードをヒットしている
数字が小さいから、適当にカードを受け取るようにして、21に近づけようとします。しかし、カードを受け取っているのはいいですが、大きな数字をもらってしまうと一気に大変な状況になります。バーストして勝手に敗北が決まってしまったり、カードを引いていいのかわからないような数字になり、またカードを引いてしまって負けてしまうという問題があります。
適当にカードを引いていることで、負ける可能性は劇的に高いとされます。ベテランクラスになると、ブラックジャックのルールなどもわかっているので、そう簡単にカードを引くようなことは考えないのです。

2.賭け金が多すぎる
1ドルからスタートできるオンラインカジノが多い中で、10ドルや20ドルを賭けていくことで、どんどん負けが込んでしまう状況です。掛け金が多くなっているのは、プレイヤーが利益を得たいから、損失をカバーしたいからという理由があります。
ただ、攻略法の1つであるマーチンゲール法を使えば損失は簡単に軽減できるのです。賭け金を勝手に増やして負けてしまうのは、ユーザーの問題といえるでしょう。

3.サレンダーをしない
サレンダーを行って半分でも返してもらえばいいのに、諦めることが嫌なのでゲームを続けている人もいます。サレンダーを有効活用しないと、ブラックジャックでは勝てないので注意してください。

大事なのは勝てるときに勝負を行うこと

大事なのは勝てるときに勝負を行うこと

ブラックジャックでは、勝てる時と勝てない時があります。勝てると思っている時には、どんどん大きな勝負をしたいところです。ダブルダウンをしっかりと使って、賭け金を増やして勝負をしましょう。
ただ、カードを引いても勝負にならない、これ以上は勝てないと思ったときには、しっかりとサレンダーをして次に備えるのです。負けを認めるのもブラックジャックではいい方法です。