手軽さも緻密さもある攻略法

必勝法であるマーチンゲール法

オンラインカジノで遊ぶ場合、攻略法を駆使して遊ぶと手堅く勝つことができるといわれています。
その攻略法にはいくつかの種類がありますが中でも世界的に有名なのが「マーチンゲール法」です。

マーチンゲール法はオンラインカジノだけではなく、さまざまなギャンブルのゲームや、投資にまで使われている攻略法です。
シンプルでとても簡単ですし、プレイヤーが意識せずとも使えるので、その点で面倒なことがない攻略法です。

ただ2倍賭けをしていくだけなのですが、非常にスリリングですので、ギャンブラーの方はぜひ知っておきたいものです。

マーチンゲール法の使い方とは?

マーチンゲール法の使い方は極めてシンプルで分かりやすいです。
その方法といえば、負ければ勝つまで2倍賭けをするだけというものです。

勝てば最初の投資額に戻します。負ければ、2倍、4倍、8倍、16倍…と進めていきますので、無事に勝ったときに損失を取り戻すことができるという方法です。

こちらは、勝率50パーセントで計算されていますので、オンラインカジノのゲームの中でも、50パーセントの勝率のゲームを選ぶ必要があります。
たとえば、テーブルゲームのバカラや、ブラックジャック、ルーレットなどです。
スロットや、他のゲームには向いていません。

マーチンゲール法は、連敗する確率が非常に低いことを利用した攻略法の一つで、テーブルゲームで有効になるので一度試してみましょう。

マーチンゲール法のメリットとデメリットを知ろう

マーチンゲール法のメリットとデメリットですが、まずメリットとしては、とても簡単で誰にでもできて、初心者が行いやすい方法というメリットがあります。
その反面デメリットは、50パーセントの勝率のゲームでしか有効にならず、それ以外のゲームだとそもそも勝率が低いので、かなり厳しいゲームになってしまうという点が挙げられます。

また、マーチンゲール法は、潤沢な資金がなければ成立しないのがデメリットです。
連敗しても止められないので、余裕の資金がなければ、そもそも途中でできなくなってしまうことになります。
また、仮に連敗をしてしまえば、損失が非常に大きくなってしまうのもデメリットです。

無料プレイで試してみよう

マーチンゲール法を使ってみるには、まずはオンラインカジノの無料プレイでプレイをしてみましょう。
色んなゲームがそろっていますので、試しに遊んでみて攻略法を使ってみることができます。

オンラインカジノのモンテカルロ法とは?どんな攻略法?

オンラインカジノには攻略法がいくつか存在していますが、中でも有名で、古くから伝わるのがモンテカルロ法です。

モンテカルロ法は、その昔モナコ公国にあるモンテカルロのカジノで、この攻略法を使ってカジノを潰したという伝説からこの名前が付けられたといわれています。
これは噂なのですが、実際にネットカジノの世界では、この噂のモンテカルロ法を使ってプレイをしてみることが可能となっています。
必勝法ともいわれている攻略法で、多くの投資の世界でも使われているため、気になる方は実践で一度使ってみましょう。

モンテカルロ法はどんなやり方?

モンテカルロ法は少々複雑なやり方となっています。
まずは紙とペンを用意し、紙に「123」と書き、両端の1と3を足した4を賭けます。

そして、仮に負けてしまえば、先ほど賭けた4という数字を付け足して「1234」と書きます。
そして、両端の1と4を足して、5を賭けます。
再度負けてしまえば、同じようにして賭けます。

もしも途中で勝つことができた場合には、3倍のゲームの場合、両端から数字を二つ消します。
2個ずつ消すので、数字がこの時点でなくなってしまえば、モンテカルロ法は終了で、成功したことになります。
数字が残っていれば、そのまままだ続けていき、同じように前回賭けた数字を端に足して、両端を足した数を賭けます。

複雑になっていますが、これを表にしたシミュレーション表もありますので、そういった表を参考にしてみましょう。

モンテカルロ法のメリットとは?

モンテカルロ法のメリットはいくつかあります。
まずはマーチンゲール法と異なり、モンテカルロ法の場合、賭け金の増え方が少ないので、安心してゲームを進められるというメリットもあります。
損失が穏やかであり、使用心地は良いといえるでしょう。

また、オンラインカジノの場合パソコンを使うので、自宅で紙とペンを使ってゲームができますので、モンテカルロ法を実践しやすいというメリットもあります。

モンテカルロ法のデメリット

オンラインカジノのモンテカルロ法のデメリットは、少々複雑で紙とペンが必須になるという点です。
初心者の方は取り入れることが難しい場合もあり、混乱してしまうこともあります。

また、モンテカルロ法は、3倍のゲームでしか有効にならず、2倍のゲームの場合、終了しても残高が増えているとは限らないのもデメリットです。