初心者向けブラックジャック解説

初心者向けブラックジャック解説

ブラックジャックでプレイヤーがとれる行動

ブラックジャックでは、プレイヤーに色々な項目で操作するように設定されていません。オンラインカジノの場合も、単純な操作で楽しめるので、多くのユーザーに人気があります。プレイヤーの中には、非常に難しい攻略法を採用して、大きな利益を得ている場合もあります。
実際にオンラインカジノのブラックジャックを遊んでいるときに、プレイヤーが操作する項目について説明します。

1.ヒットによってカードを引く
ブラックジャックのルールでは、ヒットという方法でカードを引きます。カードを1枚引いて勝負するという方法になりますが、これは定番とされている行為です。数字が11以下であれば、間違いなくヒットを行ったほうがいいでしょう。
ヒットをしないことになれば、数字が非常に高いことを意味していますので、次の操作を行います。

2.スタンドをして勝負をする
2枚のカードの数字が17以上であれば、これ以上カードを引くのはバーストの危険性が高く、オーバーして負ける可能性も高まります。スタンドをして勝負を行う方法を採用してください。
スタンドを選択すると、これ以上のカードは引かず、ディーラー側がスタンドする、もしくはバーストした段階で勝負を行います。

3.ダブルダウン
賭け金を倍にしてヒットする方法です。相当自信がある場合に利用するもので、自信がないときにダブルダウンを行うのはやめてください。負けてしまえばお金を2倍分失っていくことになります。
ダブルダウンを行うのは、Aを持っている時が望ましいです。数字を変えることができて、21に近づけるチャンスが大きくなるためです。

4.スプリット
こちらも賭け金を倍にする方法ですが、手を半分にする際に利用します。つまり2つの手を作成して勝負する形になります。当然ですが、カードを引く枚数が多くないと勝負ができませんので、ある程度のカードを引かないといけません。
あまり多く利用される方法ではないので、ユーザーによっては使わないでしょう。

5.サレンダー
諦めることを意味する用語です。これは勝てないと思った段階で終了を宣告し、賭け金の半分を返してもらって負けを認めます。一部のブラックジャックには、サレンダーが付けられていないので、場合によってはプレイできないのです。
サレンダーを利用する方法は、あまりいいとは言えないのですが、相手が21だと思っている場合には、諦めて賭け金を返してもらったほうが安心できるでしょう。

初心者はブラックジャックで敗北しやすい

オンラインカジノでも遊びやすいゲームに該当するブラックジャックですが、初心者の方は簡単に負けてしまいます。最大の理由は、ブラックジャックが初心者には向いていないゲームだからです。簡単に見えて、実は多くの難しさを提供しているのがブラックジャックであり、適当に遊んでいるだけでは多くの利益を出してくれません。

ブラックジャックにありがちな初心者のミス

ブラックジャックにありがちな初心者のミス

最初に、ブラックジャックで初心者が起こしやすいミスについて説明します。もし同じようなミスをしている人がいれば、すぐに対策を考えましょう。

1.適当にカードをヒットしている
数字が小さいから、適当にカードを受け取るようにして、21に近づけようとします。しかし、カードを受け取っているのはいいですが、大きな数字をもらってしまうと一気に大変な状況になります。バーストして勝手に敗北が決まってしまったり、カードを引いていいのかわからないような数字になり、またカードを引いてしまって負けてしまうという問題があります。
適当にカードを引いていることで、負ける可能性は劇的に高いとされます。ベテランクラスになると、ブラックジャックのルールなどもわかっているので、そう簡単にカードを引くようなことは考えないのです。

2.賭け金が多すぎる
1ドルからスタートできるオンラインカジノが多い中で、10ドルや20ドルを賭けていくことで、どんどん負けが込んでしまう状況です。掛け金が多くなっているのは、プレイヤーが利益を得たいから、損失をカバーしたいからという理由があります。
ただ、攻略法の1つであるマーチンゲール法を使えば損失は簡単に軽減できるのです。賭け金を勝手に増やして負けてしまうのは、ユーザーの問題といえるでしょう。

3.サレンダーをしない
サレンダーを行って半分でも返してもらえばいいのに、諦めることが嫌なのでゲームを続けている人もいます。サレンダーを有効活用しないと、ブラックジャックでは勝てないので注意してください。

大事なのは勝てるときに勝負を行うこと

大事なのは勝てるときに勝負を行うこと

ブラックジャックでは、勝てる時と勝てない時があります。勝てると思っている時には、どんどん大きな勝負をしたいところです。ダブルダウンをしっかりと使って、賭け金を増やして勝負をしましょう。
ただ、カードを引いても勝負にならない、これ以上は勝てないと思ったときには、しっかりとサレンダーをして次に備えるのです。負けを認めるのもブラックジャックではいい方法です。